2008年12月アーカイブ

除夜釜    12月31日(水)

| コメント(2)

稲垣稔次郎.jpg

 

月の桂の増田徳兵衛社長からいただいたカードです。

この絵は、型絵染による人間国宝である故稲垣稔次郎

画伯の作品で、1958年に当時の増田社長の酒蔵を

描いたものです。

50年前の作品ですが、とてもモダンで生き生きと人が

描かれています。

この稲垣画伯は50歳代の時に輝きを増し円熟した作品を

世に送り出されたそうです。

 

 

 

いよいよ来年私も50歳を迎えます。

稲垣画伯のように輝くため、努力あるのみです。

 

さて本日は大晦日。

毎年恒例の裏千家準教授の

ランディ―チャネル宗榮先生主催の

除夜釜へ行ってきます。

 

その後自分自身の恒例行事となった

年越しろくろをします。

今回はライブ中継をしますので、

紅白を観た後時間のある人はご覧ください。

 

それでは皆さんよいお年をお迎えください。

 

 

大みそか 016.JPG

 

先ほどランディーさんの除夜釜から帰ってきました。

 

お蕎麦も頂き楽しいひと時でした。

 

 

 

これからろくろをして、京都青年団体会議の

成功を祈願しに初詣に行きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

月の桂増田徳兵衛社長のご推薦のお酒です。

 

山田錦 005.JPG

 これは京都の祝米を使用しているのに、

伏見山田錦とネーミングされているお酒です。

実は酒米の生産者が伏見向島で農業を営む

山田豪男(ひでお)さんだからです。

この山田さんは無農薬にこだわり続け、現在

素晴らしいお米や野菜を生産されています。

 

増田社長と山田さんはお互いに協力して、

ほんまもんの美味しいお酒造りに力を注がれています。

 

2月14日の京都青年団体会議のイベントで

山田さんにはパネルディスカッションに出演

していただきますので、また改めてご紹介します。

 

ところで話は変わりますが、来年3月11日から

京都たち吉において、私の地元陶磁器組合の

展示会がおこなわれます。

 

マシュー クラブ.jpg

展示会のサブタイトルが「ハイアット リージェンシー 京都

総料理長に挑戦」になりそうです。

左の方がその総料理長のマシュー クラブさんです。

オーストラリア出身でシドニーの有名和食店に

お勤めされていました。

日本のことはよく理解しながらも、

日本人にはない感性で料理をされます。

 

さくらシャーベット_0001.jpg

 

これはマシューさんが私の作品の楊枝入れに

シャーベットを入れてコースに出されたものです。

とても面白く斬新な発想でした。

 

 

 

 

 

今回の展示会では我々の組合員の作品に

約16種類の料理を盛ってくださいます。

 

器と料理がそれぞれ引き立つような

展示会になればと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

増田徳兵衛商店  12月29日(月)

 

本日は(株)増田徳兵衛商店のお酒を

紹介します。

 

にごり 002.JPG

 

これは月の桂の代名詞でもあるにごり酒です。

そのにごり酒の中でも京都の祝米を使った

純米大吟醸酒なのです。

まさしく高級シャンパンに匹敵する味わいで、

実際にニューヨークの4星レストランで使用されています。

 

 

実は昨日このにごり酒を造っておられる

(株)増田徳兵衛商店へ行き、社長と話を

してきました。

 

増田徳兵衛 001.JPG

 

この方が増田徳兵衛社長です。

とても温厚な方で、いつも親切に対応して

くださいます。

現在は全国の日本酒の海外戦略委員会の

委員長をされています。

 

 

1675年創業でにごり酒の元祖でもあり、

京都伏見というより日本の酒蔵の

リーダー的存在でもあります。

 

これから毎月京都伏見の酒蔵を訪問し、

各蔵元の思いや考えを報告する予定です。

 

もちろん陶芸の話題も満載です。

お楽しみに!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダイヤモンドヘッド  12月28日(日)

 

津乃嘉商店井上氏ご推薦のお酒です。

 

スタンド 003.JPG

これは「都丸」(とまる)という純米酒です。

和醸の会という京都の酒米祝(いわい)を市民が

田植から稲刈りまでをして、お酒にするという企画で

生まれたお酒です。

山田ファームの山田豪男さんの田んぼで米を作り、

増田徳兵衛さんの酒蔵月の桂でお酒を造り、

名前は京都出身で和醸の会のメンバーでもある

                         落語家桂都丸師匠からいただいて、まさしく

                                                       オール京都のお酒です。

 

以前私はこの祝という酒米を作っている、

山田さんの田んぼの土を使いグイノミを

作りました。

以来自然の鉱物にも興味が湧き、

今年裏千家ハワイセミナ―へ行ったとき、

ダイヤモンドヘッドの頂上へ登り、岩石を

採取してきました。

 

増田徳兵衛 006.JPG

 

これがそのダイヤモンドヘッドの岩石です。

これを使い抹茶碗を作る予定です。

来年7月のハワイセミナ―までには完成させたいです。

まずは実験開始です!!

 

 

 

 

 

 

 

PR 12月27日(土)

 

津乃嘉商店井上氏ご推薦のお酒です。

 

スタンド 002.JPG

これは「駿」という福岡の日本酒です。

本醸造酒できつくない優しい味です。

 

 

 

 

 

 

さて昨日は京都伝統産業青年会の

忘年会の場で、京都青年団体会議の

PRをおこないました。

 

PR 003.JPG

 

14のそれぞれの青年団体が各青年団体の

集まりへ行き、今回のイベントの広報活動を

おこなっています。

 

 

 

 

PR 002.JPG

 

わたしは伝統産業青年会から出向しており、

今回はPR活動の皆さんをお迎えする立場でした。

自分が他の青年団体へ行ってPRをするときに、

とても感謝されるのが理解できます。

忙しい中実行委員の皆さん有難うございました。

 

自分自身が色々なことに挑戦し、

多くのことを体験してこそ、

見えてこるものがあります。

 

なお今日はにごり酒で有名な

月の桂さんへ行きます。

詳細はまたご報告します!!

 

 

取材   12月26日(金)

 

本日は津乃嘉商店井上氏ご推薦のお酒です。

 

スタンド 001.JPG

これは「能古見」(のごみ)という

九州佐賀県の純米吟醸酒です。

今年の日本名門酒会第一位の

日本酒です。

さすがに味・香りとも抜群で、

値段もリーズナブルです。

 

 

さて昨日は日本酒の取材で、京都伏見

中書島へ行ってきました。

 

スタンド 006.JPG

ここは京阪電車中書島駅を降りてすぐの

ところにある、スタンドという立ち飲み屋さんです。

京都伏見の酒店津乃嘉商店のフランチャイズ店で、

美味しいお酒が気軽に飲めます。

 

 

 

 

スタンド 004.JPG

 

これはスタンドのメニューの一つで、

ビー玉という一品です。

小芋を一度薄味で炊いて、その後

片栗粉をまぶし、から揚げにしてあります。

左のは岩塩で、その塊をすって上からまぶします。

お酒・ビールのあてにはピッタリです。

 

さすがにお酒の取材は結構酔います。

本日も京都伝統産業青年会の忘年会があり、

明日どんなブログが掲載できるかが心配です。

お楽しみに...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新作完成  12月25日(木)

 

原口氏推薦の焼酎です。

 

あら40 005.JPG

これは「黒壱」という南薩摩芋焼酎です。

紫さつま芋で造ってあり、

まさしく芋焼酎の味がして、

とてもヘビーです。

 

 

 

 

さて一昨日電気炉で還元焼成した新作ですが、

昨日色を付けもう一度焼成しました。

 

窯の炎 002.JPG

これは一昨日の還元しているところです。

 

ちょうど窯の温度が1,200度ぐらいの時です。

 

 

 

 

新作色付け 002.JPG

 

還元焼成後、色絵付けをしました。

 

その後約1,000度で焼成します。

 

 

 

 

新作色付け 003.JPG

 

本日朝焼き上がり完成しました。

 

今日25日が写真撮影締切日なので、

ほっと一息しているところです。

 

 

 

なお明日からは私の古くからの知人で

京都伏見の酒店津乃嘉商店井上氏の

ご紹介の日本酒のレポートをします。

 

ヨロシク!!

 

 

 

 

 

 

 

 

MKタクシー  12月24日(水)

 

原口氏推薦の焼酎です。

 

あら40 004.JPG

 

これは薩摩白波芋焼酎「枕崎」です。

さつま芋もから造ってあるので、

やや甘みがあります。

女性が好みそうな味です。

 

 

 

さて昨日急ぎの窯を焚きましたが、

その途中私が茶道のお稽古をしている

大塚社中の正午の茶事がありました。

 

京都ではMKタクシーという会社が有名で、

着物を着て乗車すると、1割料金を割り引いてくれます。

 

お茶事の帰り偶然にもMKタクシーがつかまり、

ラッキーと思いました。

乗車後運転手さんとお茶事の話になり、

お茶事では料理やお酒が出されるということを話すと

とてもびっくりされました。

 

この運転手さんはしばしば仲間とアウトドアでパーティーを

され、一度抹茶をだしてみたいと思っていると話されました。

 

ぜひ私をパーティーに誘ってくださいと言ったところ、

意気投合して、最後はお互いに名刺交換をして別れました。

 

次回お会いするのが楽しみです。

撮影締切   12月23日(火)

 

1月27日東京での展示会の写真撮りが      新作いっちん 001.JPG     

明後日です。

昨日素焼きをし、本日朝に釉薬をかけ、

これから窯を焚きます。

 

電気窯であぶっている間、私は今日これから

正午の茶事へ行ってきます。

 

また午後にご報告します。

 

先ほど4時にお茶事から帰ってきました。

 

新作いっちん 009.JPG

 

これは波の模様以外の所に釉薬が

かかっている状態です。

この状態で現在電気炉に入っています。

4時に温度が900度になりました。

ここから窯の中にガスの炎を入れて、窯の中を

不完全燃焼状態(還元焼成)にします。

 

私のところでは普段還元焼成は

ガス窯を使用していますが、今日は

急ぎの仕事なので、電気炉を使いました。

 

ガス注入 001.JPG  

これは電気炉の下からガスの火を送り込んで

いるところです。

この電気炉による還元焼成の技術が確立された

ことによって、登り窯がなくても少ないスペースで、

それも都会の真ん中で、美しい焼き物ができるように

なりました。

 

この還元状態は今日の8時半ぐらいまで

続きます。

明日の窯出しが楽しみです。

 

なお本日毎日恒例のお酒の情報がなかったのは、

私自身が二日酔いのためでした。

誠に申し訳ございませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

気分転換   12月22日(月)

 

原口氏推薦の焼酎です。

 

あら40 003.JPG

これは薩摩本格芋焼酎の

「晴耕雨讀」(せいこううどく)です。

米麹を使ってあるので、芋が苦手な

私でも美味しく飲めました。

 

 

 

 

さて昨日は久々にゴルフの打ちっ放しへ

行ってきました。

ゴルフはかれこれ35年のキャリアですが

ほとんど我流でやってきました。

 

ゴルフ 005.JPG

ゴルフを通じて物事の基本の大切さを知り、

結構ろくろを勉強する時に役立ちました。

また交友関係が広がっていくので、

私にとって欠かせないものとなりました。

 

 

 

 

それよりもゴルフというのは、いかに全身や

肩の力を抜いてクラブを速く振るという、一見

矛盾したことをします。

 

結構これが仕事や人生と相通じるところがあって、

結果ばかりを気にしてつい力んでしまい、物事が

うまくいかないことが多いのが現実です。

 

日々自然体で欲を出さず、今日もやるべきことを

きちっとやっていくように心掛けたいものです。

 

今週もガッツでいきましょう!!

 

 

マジで京焼  12月21日(日)

 

原口氏推薦の焼酎です。

 

さらばアントニオ 016.JPG

 

これは大分麦焼酎の「おこげ」です。

麦を煎ってあり、とても香ばしい味です。

少し癖になるお酒です。

 

 

 

 

さて昨日新聞の広告を見て、

MAJI-DE フォアグラという商品を

発見しました。

 

MAJI-DE フォアグラ 002.JPG興味があったので、早速店に行き購入

しました。

それはスペインで作られた本当のフォアグラの

ブロックペーストでした。

価格が400円以下でまさしく「MAJI-DE (まじで)

フォアグラ」と呼べるものでした。

 

フォアグラといえばご存知のように

世界三大珍味の一つで、なかなか

普段の食卓には登場しない食品です。

 

しかしこのMAJI-DE フォアグラだと

ちょっとしたパーティーなんかに気軽に

使えるでしょう。

 

そこで私は思いつきました!!

来年の平安陶花園のキャッチフレーズは

ズバリ「マジで 京焼」です。

 

今までの京焼・清水焼にはない発想、デザイン、流通、そして価格。

この不景気をブッ飛ばすどんなものが創れるか来年が楽しみです。

 

 

新作 波の皿  12月20日(土)

 

原口氏推薦の焼酎です。

 

さらばアントニオ 015.JPG

 

これは「天の刻印」という麦焼酎で、

宮崎県延岡市のメーカーが造っています。

とても爽やかな味で、くせがありません。

来年宮崎で個展の話があるので、もし実現

すれば、現地で飲みたいお酒です。

 

 

さて先日ダメ出しをくらった新作のデザイン

ですが、昨日改良版を作りました。

 

波の皿 001.JPG

 

先端の部分を丸くし、全体を短くしました。

波をイメージしましたが、文様の位置が

重要となるでしょう。

今回の皿は、1月東京青山でのイベント用

に作ったもので、イタリアンシェフ笹島氏が

料理を盛られます。

 

また、3月京都のたち吉での地元組合の

展示会ではハイアットリージェンシー京都の

料理長が料理を盛ってくださる予定です。

 

波の皿 002.JPG

来年はアラフォー向けにモノトーンで

展開する予定なので、

黒い土でもお皿を作ってみました。

 

どんな料理がこの皿に盛られるかが、

今から楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あらフォー   12月19日(金)

| コメント(2)

 

原口氏推薦焼酎です。

 

さらばアントニオ 014.JPG

 

これは大分麦焼酎

「井田萬力」です。

とてもシンプルな麦焼酎で、焼酎が苦手な人でも

飲みやすいでしょう。

 

 

 

さて来年3月から東京日本橋三越で

アラフォー向けの気軽にお茶を楽しむ

コンセプトで、京都の工芸家による

グループ展が行われます。

 

新作 008.JPG

 

この作品は普段の抹茶碗より20%ほど小ぶりで

新感覚の茶箱用として作りました。

今回私は普段のカラフルな色使いとは違い、

モノトーンで展開する予定です。

 

 

 

話は変わりますが、先日天才料理人

原口氏のお店でアラフォーのグループと

知り合いました。

 

あら40 008.JPG

 

なかば強引に合コンをしてと頼まれ、

結局1月にアラフォーコンパが行われるハメと

なりました。

ちなみに私はコンパのメンバーではなく

顧問として参加します。

 

 

何れにしろ原口氏のお店が満員貸切になるので、

それはそれでいいことかなと思っています。

 

 

 

 

 

土鍋   12月18日(木)

 

今日から原口氏推薦の焼酎情報を送ります。

 

あら40 006.JPG

 

これはLa TOMATOというリキュールです。

トマト風味で甘さのあるお酒で、

食前酒やソーダ割りなんかにいいと思います。

焼酎もリキュールの一種だということで載せました。

 

 

さていよいよお鍋の美味しい季節ですね。

私のところの陶芸教室でも土鍋を作る方が

増えてきました。

 

土鍋 002.JPG

 

これは手ひねりで作られた作品です。

 

最近は土鍋用の直火に強い粘土が市販されているので

容易に土鍋を作ることができます。

 

 

 

土鍋 001.JPG

 

こちらは土鍋をろくろで作ったものです。

 

この作品の作者は、末廣(すえひろ)という

京都木屋町の老舗フグ料理屋さんの娘さんの

作品です。

 

 

ここのフグはさすがに老舗の味です。

忘れられない癖になる味で、ぜひ一度

のぞいてみてください。

べらぼうに値段も高くありません!

 

 

 

天才料理人  12月17日(水)

 

枝魯枝魯今月メニューのラストです。

 

12月3日 022.JPG

 

器中央のものは、干し芋をシナモン風味にした

パンナコットです。

これで今月のコースは終了しました。

枝魯枝魯さんご協力ありがとうございました。

また来月楽しみにしています。

 

 

さて昨日噂の天才料理人の店へ行ってきました。

彼は先日イタリアデザイナーのアントニオがデザインした

器に料理を盛ってくれた料理人です。

 

さらばアントニオ 010.JPG

 

これはアントニオがデザインした西出さんの鉢です。

 

サラダの上にのっているのは、ワンタンの皮を

揚げたものです。

 

 

 

ちなみに私伊藤南山はジャガイモが苦手で

昨日この料理人にジャガイモ料理をあえて

注文しました。

 

あら40 001.JPG

 

これはジャガイモのグラタンですが、

ソースは白味噌で、酒の風味を利かせてありました。

とても美味で、ジャガイモが苦手な私でもぺろりと

たいらげました。

 

 

明日からこの天才料理人原口氏ご推薦の

焼酎のレポートをします。

もちろん陶芸の話題も盛りだくさんです。

ヨロシク!!

 

 

 

 

 

 

リ・ブランディング2  12月16日(火)

 

枝魯枝魯今月メニュー13品目です。

 

12月3日 021.JPG

 

真ん中のものは干し柿の赤ワイン風味の

アイスクリームです。

上にはクルミがのっています。

 

 

 

 

さて昨日新作の皿の試作品を作りました。

 

リ・ブランディング 001.JPG

 

ペーパーデザインはいい感じでした。

 

 

 

 

 

 

リ・ブランディング 003.JPG

 

実際形にしてみると、先のとんがりが

あぶないということで、、本日朝姉から却下されました。

 

 

 

 

 

取り急ぎ修正版を作ります。

 

いつもこんな感じで、周りの人とダメ出しの言い合いで、

作品作りをしています。

 

 

 

 

 

UIA関東エリア   12月15日(月)

枝魯枝魯今月メニュー12品目です。

 

12月3日 021.JPG

 

右のスプーンの中のものはヨーグルトのアイスクリームに

きんかんのジャムがのったものです。

デザートにも和のテイストが生かされています。

 

 

 

 

さて昨日は東京帝国ホテルにおいて

裏千家インターナショナル・アソシエーション(UIA)

関東エリアの催しに参加しました。

 

UIA関東 001.JPG

 

まず淡交会副理事長 関根秀治博士の御講演があり、

約2時間その話の内容の深さに感銘を受けました。

 

 

 

 

その後場所を移動し、懇親会となりました。

 

UIA関東 004.JPG

 

光栄にも乾杯の発声を頼まれ、

何とか無事にじゃべりました。

(まだ酔っていなかったみたいです。)

 

 

 

 

UIA関東 008.JPG

 

左から今年のハワイセミナーでお世話になった、

UIAの会長の天江喜七郎さん。

中央がこちらもハワイセミナーでお世話になっている

藤岡さん。

そして今回初めてお目にかかった浅井さんです。

 

 

まだまだ多くの方をご紹介したいのですが、

これからもちょくちょく全国に伺いますので、

またその折にご紹介します。

 

東京の皆さん次回は藤岡さん浅井さんと

浅草で一杯やります。

また声を掛けます!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

富士山   12月14日(日)

| コメント(3)

枝魯枝魯今月メニュー11品目です。

 

12月3日 020.JPG

 

いよいよデザートとなりました。

これはブルーチーズとリンゴとカスタードを

春巻きの皮で包んで、揚げたものです。

ちなみに器は森俊山作です。

 

 

 

さて昨日から東京へ出張となりました。

本日14日に裏千家インターナショナル・アソシエーションの

催しに出席するためです。

 

いざ出張 002.JPG

東京へ向かう途中 富士山が綺麗だったので思わず車窓か

ら写真を撮りました。

昨日は今年千葉の個展で知り合った方で、この富士山頂

でお茶会をされた森さん、そして先月枝魯枝魯で話が弾ん

だ柳屋さん、それから忘れてならない15年のお付き合いと

なる照井さんと4人で神楽坂で一杯やりました。

 

 

いざ出張 005.JPG

これは日本橋三越のビッグツリーなるものです。

 

来年3月からアラフォー向けに気軽にお茶を楽しむ

道具の催しを一年にわたり何人かでここ三越で行います。

 

私も新しい作風のもので新ブランドを立ち上げる予定です。

 

来年は結構東京へ足を運ぶと思いますので、

お江戸にいる皆さん、また懲りずにお酒の相手をしてください。

ヨロシク!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

片山右京  12月13日(土)

 

枝魯枝魯今月メニューの10品目です。

 

12月3日 019.JPG

むかごの炊き込みご飯です。

中にゴボウ、京揚、牡蠣が入っていて、

御出しをかけていただきます。

さっぱりしていて、かつボリュームがある一品です。

 

 

 

 

さて以前から報告している来年2月14日の

京都青年団体会議ですが、講演者に元F1

レーサーの片山右京氏が決定しました。

 

唐子 001.JPG

 

11日にあった京都青年団体会議2009の忘年会です。

 

イベントの核となる講演者が決まり、皆気合いが入って

います!!

 

 

お伝えしたと思いますが今回のイベントのテーマは環境問題です。

 

実はこの片山右京氏は現在食用油の廃油を原料とする

バイオ燃料を使い、パリダカに参戦されてます。

自然と向き合いながら、地球にやさしい環境創りへの提唱を

クルマを軸としながら積極的にかつ楽しく取り組んでおられます。

きっと2月14日は世界的視野から有意義なお話をされることでしょう。

 

講演者も決まりいよいよ本番まであと2か月となりました。

できるだけ多くの人に今回のイベントに参加していただき、

少しでも環境問題について関心を持っていただければと

願っています。

 

 

一閑人   12月12日(金)

 

枝魯枝魯今月メニュー9品目です。

 

12月3日 018.JPG

 

これが今月のメイン料理です。

アンコウ、マイタケ、エビイモの天ぷらです。

手前のソースは九条葱とアンコウの肝を

ミキサーして、とんぶりを合わしたものです。

葱を使ったソースは枝魯枝魯の必殺技です!!

 

 

さて昨日東京の某ホテルから問い合わせがありました。

そのホテルの常連の外国のお客様が唐子(中国の子供)が

付いた器を日本に来られた時にいつも買い求められるので、

そのような商品があれば写真を送って欲しいという依頼でした。

 

唐子 002.JPG

左の写真のように一個の唐子が付いたものを一閑人と

呼び、二個だと二閑人、三個だと三閑人となります。

焼物に唐子を付けたのは、江戸時代の京都の茶人の発案

だと言われています。

当時は京都で磁器を作る技術がなく、中国に製造を発注

していました。

 

唐子 005.JPG

普通唐子は器の外側に付きますが、以前私が京都国立

博物館の当時の河原館長に見せていただいた、日本で

一番昔の唐子の付いた焼物(鉢)には器の内側に付いてい

ました。

これは日本から中国に発注した時のミスが原因だそうです

 

それにしても当時の茶人の発想力には驚かされます。

 

仁清、乾山をはじめあまりにも偉大なクリエイターが

京焼の歴史には存在します。

そのほとんどが茶人や文人との交流で素晴らしい作品を

この世に残されています。

 

私もできるだけ多くの方との交流を深め、皆様に喜びと

感動を与える作品創りを心掛けたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

クリスマスマスカード  12月11日(木)

 

枝魯枝魯今月のメニュー8品目です。

 

12月3日 017.JPG

 

くり抜いた柚子の器に入っているのは

 蒸し寿司です。

シャリの上には子持ちシシャモや白菜などが

バランスよく盛られています。

柚子の風味がとてもさわやかな一品です。

 

 

さて毎年のことながらこの時期になると

クリスマスカードを思い出したかのように

慌てて書き出します。

 

クリスマスカード 001.JPG

 

今年も10年来カードを送っている方々に送ります。

 

私が以前パリで展示会等を行った時に助けていただいた

人達です。

 

 

今年枝魯枝魯がパリに店を出してくれたので、

7年ぶりにパリで皆さんとお会いすることができました。

 

花の都パリに思いを馳せ、今日も一日気合いを入れていきます!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

枝魯枝魯今月メニューの7品目です。

 

12月3日 016.JPG

 

くもこの天ぷらに蓮根のすり流しがかかった椀物です。

 

あまりに美味しそうだったので最初に写真を撮るのを

忘れてしまった一品です。

 

 

12月3日 015.JPG

 

椀物を作っているフェミオさんです。

 

 

 

 

 

さて話は変わりますが、今リ・ブランディングという

企画に参加しています。

これは京都市さんが主体となって、京焼の東京への

販路を広げようという試みです。

 

来年1月27日に青山で、我々が作った器に

イタリアンシェフの笹島氏の料理を盛って

東京のレストランやホテルの関係者を招きます。

 

アイデアスケッチ 001.JPG

 

12月25日までに写真撮影用の作品を作らなければなりません。

昨日アイデアスケッチを何枚か描きました。

 

 

 

 

先日のイタリアデザイナー招聘は京都府さんで

今回は京都市さんの企画です。

 

どちらも京都の伝統産業に対して国民の税金が

使われているわけで、このことに関しては感謝と

誠意を込めて、仕事に取り組まなければならないと

実感しています。

 

いい作品を作って、多くの人に還元できるよう

頑張ります!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

枝魯枝魯今月のメニュー6品目です。

 

12月3日 013.JPG

左が赤かぶの千枚漬けでサーモンとイクラと

蕪のすりおろしを巻いたものです。

右が蕪をぶりで巻いたものです。

手前のもろみをつけていただきます。

 

旬の食材を使った一品です。

 

 

さて約3週間日本に滞在したアントニオが

本日イタリアに帰国します。

 

さらばアントニオ 002.JPG

 

昨日今回の成果発表会がありました。

 

満足げなアントニオです。

 

 

 

 

さらばアントニオ 004.JPG

 

これがアントニオがデザインし、私が制作した

お寿司の皿です。

 

少し小さいかなと思いました。

 

 

 

さらばアントニオ 008.JPG

 

最近知り合った料理人原口さんが手まり寿司を盛ってくれました。

 

 

 

 

 

さらばアントニオ 011.JPG

 

これはアントニオのデザインで

小川宣之さんの作品です。

 

見た目より食べやすい高さでした。

 

 

今回アントニオと一緒に来た女性デザイナーとも

話をし、今後も継続して交流していくこととなりました。

来年はイタリアへ行けるよう頑張らないといけません!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一期一会   12月8日(月)

| コメント(4)

 

枝魯枝魯今月メニューの5品目です。

 

12月3日 012.JPG

 

ほうれん草のお浸しですが、

使っている醤油に、1品目にでてきた

ボタンエビの殻を混ぜてあります。

食材の無駄を出さないところが

枝魯枝魯料理の真骨頂です。

 

 

さて昨日茶道裏千家国際セミナーが終了しました。

 

国際セミナー 004.JPG

 

セミナー初日の夕食会で同席した皆さんです。

 

セミナー2日目はお茶席を英語で行い、

それを英語で解説するというハードな講習です。

 

 

この夕食会で結構話が盛り上がり

皆で協力して次の日を乗り切ろうとなりました。

 

一期一会 003.JPG

今回のセミナーは受講者は30名でした。

 

私はC班で、修了式終了後の集合写真です。

 

お陰様でグループの皆さんのお力で無事講習を

終了することができました。

 

有難うございました。

 

 

 

 

 

裏千家国際セミナー  12月7日(日)

 

枝魯枝魯の今月メニュー4品目です。

 

12月3日 011.JPG

 

この瓢箪型の赤樂の器に入っているのは、

フォアグラとエノキのソテーです。

味付けはすき焼き風のたれで仕上げてあります。

高級感が出ますね!!

 

 

 

さて昨日は裏千家国際セミナーの1日目でした。

 

国際セミナー 002.JPG

 

裏千家今日庵の前です。

気のいい守衛のおじさんに撮ってもらいました。

 

1日中英語ばかりで、それはそれは言葉では言い表せないぐらい(もちろん英語でも表現できません)パニックてました。

 

 

今日は2日目最終日です。

 

国際セミナー 005.JPG

 

昨日の夕食後2日目のデモンストレーションに備えて、

勉強中です。

 

 

 

 

 

 

 

八橋     12月6日(土)

 

枝魯枝魯の今月メニュー3品目です。

 

12月3日 010.JPG

 

柚子の小蓋物に入っているのは、

ペースト状の小芋とシラタキ、ニンジン、等の

筑前煮です。

上品な甘辛さの一品です。

 

 

 

さて昨日「もみじまつり」でお世話になった

八尾の八橋屋さんと話をしました。

紅葉の季節だけ東福寺へ行く途中で出店をされています。

 

八橋 001.JPG

 

約一か月お店におられた梅田さんです。

とても元気があり、気さくな人です。

普段は清水寺のお店にいらっしゃるそうです。

 

 

 

 

八橋 002.JPG

 

お勧めはニッキが入っていない

塩味の生八橋です。

 

 

 

 

 

八橋 004.JPG

 

その他小袋の商品も充実しています。

 

来年はぜひ「もみじまつり」で八橋を使った

イベントをしたいものです。

 

 

 

 

 

 

 

着物    12月5日(金)

 

枝魯枝魯の今月のコース2品目です。

 

12月3日 009.JPG

前菜の一つとして出されたレンゲの中は、

カボチャの煮たものに蟹のあんかけがかかっています。

 

上品な味付けで、いかにも女性が好みそうな一品です。

 

 

 

 

さて昨日、来年1月に行われる東京青山での

イベントの打ち合わせと、写真撮影がありました。

 

12月5日 002.JPG

 

急きょ作務衣に着替えました。

 

このイベントは京焼作家の器に、京都の人気イタリアン

シェフ笹島氏の料理を盛って展示発表するという企画です。

今月中に新作を作ります!!

 

 

なお明日6日から二日間茶道裏千家で

国際セミナーを受講します。

着物を着用するのが基本となります。

 

12月5日 005.JPG

 

いままで家内に着せてもらっていましたが、

初めて自分で着てみました。

 

三船敏郎のまねをしてはしゃいでいましたが、

長男だけ気を使ってウケてくれました。

 

 

 

 

 

 

 

蛍手&陶芸教室   12月4日(木)

 

新企画今月の枝魯枝魯のメニューです。

 

12月3日 008.JPG

最初に出てきたのは、小さな小鉢に

春菊の豆乳仕立てのポタージュで、

中に薄味で煮た大根が入っています。

上に菜の花とボタンエビが乗っていて、

サイコロ状の長いももアクセントになっています。

料理に合わせた菜の花の絵付けの器もマッチしてます。

まず心と体が温かくなる一品です。

 

 

さて昨日は私の主催する陶芸教室の

定期コースの日でした。

 

12月4日 004.JPG

 

これは土の塊の中を掘っていき、大きな蓋物を

制作しているところです。

 

 

 

 

 

12月4日 003.JPG

 

ピッタリと蓋と身を合わすのがポイントです。

 

完成が楽しみです。

 

 

 

 

12月4日 005.JPG

 

こちらの作品は別の作品の削りくずを再生して

作られた作品です。

自然なひび割れがいい感じです。

まさしくエコ陶芸です!!

 

 

 

12月4日 002.JPG

 

これは私の作品で焼成前に穴をあけて、

それを釉薬で埋めるという蛍手という技法を使った

作品です。

 

京都青年団体会議、裏千家UIA,イタリアデザイナーの件

については蛍手のように視界が透けてきました!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アントニオ  12月3日(水)

 

12月3日(水)の東福寺です。

 

12月3日 024.JPG

 

今年の紅葉もそろそろ終焉の時が近づいてきました。

 

 

 

 

 

 

さて昨日イタリア人デザイナーの

アントニオとデザインの打ち合わせがありました。

 

12月3日 001.JPG

 

伝統工芸品のデザイン開発にも

パソコンは有効に使えます。

 

 

 

 

 

12月3日 006.JPG  

 

熱が入るアントニオ!!

 

 

 

 

 

アントニオのデザインコンセプトで

試作品に取り掛かりました。

 

アントニオデザイン1 001.JPG

 

今日も10時から打ち合わせです。

 

アントニオが8日にイタリアに帰国するので、

それまでに何とか完成させる必要があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新企画   12月2日(火)

 

12月2日(火)の東福寺です。

 

12月2日 002.JPG

まだまだ綺麗なので、

予定を変更して

今週末まで報告します。

 

 

 

 

ところで東福寺の紅葉情報の後の企画ですが、

「もみじまつり」でお世話になっている方々への

感謝をこめて、情報を提供したいと思います。

 

仕込み 001.JPG

 

①陶板焼でお世話になった

 枝魯枝魯の月替わりのコースメニューを

 速報で紹介します。

 

 

 

 

もみじまつり 007.JPG

 

②ワインコーナーでお世話になった

 トミナガさんのご協力で

 最新ワイン情報をお送りします。

 

 

 

 

もみじまつり 012.JPG

 

③利き酒コーナーでお世話になっている

 伏見酒造組合加盟の酒蔵を訪れ、

 京都の地酒情報をお送りします。

 

 

 

その他の情報も流しますのでよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

12月1日(月)の東福寺です。

 

12月1日 013.JPG

約1か月東福寺の紅葉を撮りましたが、

明後日でこの企画は終了します。

 

新しい企画は明日お知らせします。

 

 

 

 

さて昨日はもみじまつりの最終日でした。

 

12月1日 009.JPG

 

今回大活躍した、ホワイトブースの製作者の

小畠卓也さんです。

 

 

 

 

 

12月1日 007.JPG

 

テレビでおなじみの前原誠司さんも来られました。

 

利き酒コーナーでお支払いをされているところです。

 

 

 

12月1日 002.JPG

右から我々の組合の理事長の森さん

前原さん、日展作家の伯耆夫人の葉子さん。

 

 

 

 

 

 

12月1日 011.JPG

 

京都青年団体会議の副実行委員長の松田さんが

家族で来られました。

 

京都青年団体会議主催の2月14日京都宝が池プリンスホテルのイベントの講演者が片山右京氏に決定しました!!

詳細は後日お知らせします。

 

最後に今回のもみじまつりに来ていただいた皆様、

ならびにスタッフの方々有難うございました。

来年もよろしくお願いします!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このアーカイブについて

このページには、2008年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2008年11月です。

次のアーカイブは2009年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。