2009年4月アーカイブ

枝魯枝魯4月のメニューのデザートです。

It is a dessert of the menu in April of Guilo Guilo.

ギロギロ4月 012.JPG

蜂蜜のアイスクリーム。よもぎ麩の唐揚げ。

そら豆のパンナコッタ。桜の甘酢ジュレです。

Ice cream of honey. The deep-fried wheat gluten of mugwort

Panna cotta of a broad bean. It is sweetened vinegar jelly of a cherry tree.

 

 

さて来月18日から京都南山城村の

お茶の生産者の方達とコラボレーションをします。

Now, we do collaboration the producers of the tea of Minamiyamashiro-mura in Kyoto from the 18th of the next month.

 

茶器 003.JPG

 

 

これは玉露用のような高級茶用の茶器です。

This is a tea set for high-class green tea.

 

 

 

茶器 002.JPG

 

実は入れ子になっていて、携帯用の茶器揃いです。

These can be stored in piles and are portable tea set sets.

 

 

 

今年12月には東京ビッグサイトの環境をテーマにした

展示会に出品されることになっています。

 

来月のコラボレーションではこの携帯用の茶器揃いを

京焼で創ります。

 

この企画を同業者に振ってみたのですが、

皆まず「できない理由」を見つけようとします。

たとえば時間がないとか、金にならないとか...。

 

とにかく私は面白そうなので創ります。

そういえばパリの枝國さんもこんな感じで

前向きに日々創作したはるし!!

These products are sent by the show on the theme of environment. It is due to be held in Tokyo Big Sight in December, this year.

 

These portable tea set sets will be made from Kyoto ceramic ware next month.

 

Although this plan was proposed for men of the same trade,

They are going to find first "the reason which is not made."

The reason runs short of time, and money is not gained.

 

Anyhow, since I seem to be interesting, I make.

Mr. Owner of Guilo Guilo of Paris is also cooking things by such touch positively every day! !

 

 

 

 

 

確信 Firm belief  April 29 Wednesday

今日はフィレンツェでの工芸展の報告をします。

I report the crafts exhibition in Florence today.

イタリア 030.JPG

 

今回はイタリアデザイナーとコラボレーションした作品と

湯呑、マグカップ、グイノミを展示即売しました。

This time I did exhibition sale of the work made in collaboration with the Italy designer ,
and tea cups,mugs,sake cups.

 

 


イタリア 065.JPG デザイナーのアレサンドラさんです。

3年前寿司の食器セットのデザインをしていただきました。

 

She is a designer, Ms. Allesandra.

She designed the tableware set of sushi three years ago.

 

イタリア 064.JPG

 昨年末にコラボレーションしたアントニオです。

アレサンドラ同様彼も今後私との作品創りに

取り組んでいきたいと言いました。

He is Antonio who did collaboration to me at the end of last year.

From now on, she and he said that they would like to tackle making a work together with me.

 

イタリア 045.JPG

 

木村さんの商品のこけしです。

はっきり言ってよく売れます。

These are the wooden dolls of Mr. Kimura's goods.

Honestly it sells well.

 

 

このように独自性のあるものは全世界どこでも

注目を浴びます。

私は15年前から数回自分の作品を海外で展示販売してきました。

今回は私が取り組んでいるコーチの技法に対して、

これが世界で通用するという私の自信が確信に変わった展示会でした。

The things with originality capture the spotlight all over the world.

I have done exhibition sale of my own work several times from 15 years before overseas.

Technique of pottery called the coach whom I use,

My confidence in which this technique is accepted in the world changed to firm belief.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日フィレンツェからの帰国の途中、

オランダのアムステルダムで飛行機の乗り継ぎをしました。

The middle of the homecoming from Florence yesterday ,

I did transfer of the airplane in Amsterdam.

イタリア 068.JPG

時間が6時間あったので、アムステルダムに

3年間在住の志垣順子さんに市内の案内を

していただきました。

Since there were 6 hours, Ms. Junko Shigaki carried out guidance in the city for me.

She has been living in Amsterdam from three years ago.

 

イタリア 080.JPG

チューリップ畑、風車など長閑な雰囲気の場所へ

連れていっていただき、とても心がリフレッシュ

できました。

Many tulip fields,

Some windmills etc.,

We went to the place of a quiet atmosphere,

My heart has been refreshed very much.

 

イタリア 081.JPG 現地の人がよく食べるニシンの塩漬けを

頂きました。上に乗っているオニオン、ピクルスと

とてもマッチングが良く美味でした。

I ate the herring preserved in salt which people of this land often eat. The onion and pickle which are upwards suited the herring well, and were delicious.

 

 

今回お世話になった志垣さんは、

昨年12月の裏千家国際セミナーで知り合った方です。

今回KLM航空を使ったのは主催者の選択で全くの偶然でした。

また志垣さんは陶芸とゴルフをされていて、ますます

不思議なご縁を感じます。

ヨーロッパに行く時は次回からKLMを使おうと思います!!

Ms. Shigaki which was indebted this time,

It is the direction which became acquainted at the Urasenke international seminar in December, last year.

It was the sponsor's selection that I used the KLM airline this time. It was really accidental.

Moreover, she loves ceramic art and golf. I feel a still more wonderful edge.

I think that I will use KLM from next time when going to Europe! !

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フィレンツェ 031.jpgさて本日フィレンツェの工芸展2日目が

無事終了しました。

展示会は5月3日まで行われますが、

私は一人本日帰国します。

Now, the 2nd day of the technical exhibition of Florence was completed with no problems today.Although a show is held till May 3, I go back alone today.

 

左から清水坂の人形問屋の木村さん、

京都産業21の安東さん、私、通訳の

横山さん、同じく前田さんです。

From the left,

Mr. Kimura of the doll wholesale store of Kiyomizu-zaka.

Mr. Ando of the Kyoto industry 21.
Me.
Ms. Yokoyama of an interpreter. Similarly she is Ms. Maeda.

皆さんありがとうございました。

この後も展示会がんばってください。

Thank you everybody.

Also after this, please exhibition-meeting-do your best.

 


 

 

昨日の展示会初日の初のお客さんです。

フィレンツェ 026.jpg

 

小さな少年がぐいのみを買ってくれました。

 

 

 

 

 

フィレンツェ 027.jpg

 

例のごとくパソコンで製作風景を

動画で見てもらってます。

 

 

 

 

しかしながら、イタリア語で話しかけることが出来ず、

初日は苦労しました。

展示会が夜の11時まであり、超ハードな一日でした。

 

実績や肩書の通用しないガチンコ勝負です。

映画のスラムドッグ・ミリオネアじゃないですが、

これもいざという時のいい経験となるでしょう。

 

チャオ!!

 

さて本日はフィレンツェでの工芸品展の初日です。

Now, today is the first day of the handicraft exhibition in Florence.

 

フィレンツェ 014.jpg 

展示会場の入り口です。

本日の10時開場ですが、行列ができるそうです。

Although it is today's 10:00 opening, there will be long people's line here.

 

 

 

 

 

今日はフィレンツェ工芸品展の設営です。

It is preparation of the Florence handicraft exhibition today.

 

フィレンツェ 002.jpg

 

明日から一週間行われる、

フィレンツェの年中行事です。

It is held for one week from tomorrow,

It is an annual event of Florence.

 

 

 

 

 フィレンツェ 006.jpg                           

私のブースの設営が早く済んだので、 

町を散策しました。

Since preparation of my booth ended early, I took a walk the town.

 

 

 

 

今日はこの後イタリアの空間デザイナーの

アレサンドラさんならびに今回のスタッフの方々と

夕食に行きます。

I am going to go to supper after this today with Ms. Alessandra who is a space designer of Italy, and these staff.

今アムステルダムの空港で

飛行機の乗り継ぎ中です。

I am at the airport in Amsterdam now.

It is during connection of an airplane.

画像 028.jpg

 

枝魯枝魯4月のメニュー8品目です。

It is eight item of a menu in April of Guilo Guilo.

 

ギロギロ4月 009.JPG 

鯛の西京煮(白味噌で炊いたもの)です。

上に牛蒡が乗せてあります。

It is saikyohni (what was cooked with white miso) of a sea bream.

The burdock is put on the top.

 

 

現在明日の準備で慌ただしくしています。

明日は仕事でイタリアへ出張します。

I make it hurried by tomorrow's preparation now.

I am going to go to Italy to work tomorrow.

 

というわけで、お茶の話はまた後日にします。

すみません!!

For such a reason, I publish the talk of tea later again.

I am sorry!

The tea ceremony of the four heads April 21 Tuesday

枝魯枝魯の4月のメニュー7品目です。

It is seven item of a menu of Guilo Guilo in April .

ギロギロ4月 008.JPG 

新じゃがと新玉葱の胡麻豆腐の天ぷらです。

中にはタラの芽とアスパラが入っています。

It is the tempura of the sesame tofu of a new potato and a new onion.

In tempura, a bud of Japanese angelica and asparagus are contained.

 

さて昨日私は京都の建仁寺へ四頭(よつがしら)茶会という

お茶会に行ってきました。

Yesterday , I went to Kennin-ji (temple) in Kyoto for the tea ceremony called the tea ceremony of the four heads .

 

建仁寺 005.JPG

 

四人の正客に準じて相伴客がお茶をいただく、

広間での作法です。

It is the manners in the hall where a participation visitors drink tea according to four main guests.

 

 

 

建仁寺 006.JPG 客の前にはご覧のように、抹茶の粉だけが入った

天目茶碗がお菓子と運ばれます。

この後、客は茶碗を両手で持ち上げ、

僧侶が客の一人づつ順にお湯を入れ、僧侶が

お茶を点てます。

 

 

The teabowl only containing green tea powder is carried to a visitor's front side with sweets.

Then, a visitor lifts a teabowl with both hands,

Four Buddhist priests put in hot water in order, and four Buddhist priests blend tea.

 

この作法は中国の宋・元の時代、

比較的大きな禅宗寺院で行われたものです。

建仁寺でなぜその作法が行われているのか?

 

この続きはまた明日...

 

These manners are performed in a comparatively big Zen temple 700 to 1,000 years ago in China.

Why are the manners performed in Kennin-ji?

 

This continuation will be tomorrow again.

 

 

 

枝魯枝魯4月のメニュー6品目です。

It is six item of a menu in Guilo Guilo in April.

ギロギロ4月 006.JPG

 

今月の椀物です。 

朝堀りのタケノコの炭火焼き、ホタルイカ、

エンドウ豆と蛤のしんじょが 入っています。

だしはハマグリのだしです。

 

 

It is soup this month.

A charbroiling of the bamboo shoot dug at the morning,

A firefly squid,

A fish meat dumpling of green peas and aclam,

These are contained in soup.

 

さて本日お茶会へ建仁寺へ行ってきました。

詳しいことは明日報告します。

It has been to Kennin-ji (temple) today for the tea ceremony.

Details will be reported tomorrow.

  

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

枝魯枝魯4月のメニュー5品目です。

 It is five item of a menu in Guilo Guilo in April.

ギロギロ4月 005.JPG

小鮎と小芋の炊き込み御飯をおにぎりにして、

その上に、トロロとフォアグラのソテーのソースと

フキと湯葉を甘辛く炊いたものを乗せています。

崩して食べます。

This is a rice ball of the rice steamed with small sweetfish and small potato.

Grated yam, sauce of the saute of foie gras,

And Japanese butterbur and soy milk skin have ridden.  

さて昨日京都青年団体会議のゴルフコンペの後

同じメンバーだった宮木猛さんのお店に宿泊しました。

Yesterday, after the golf competition of a Kyoto young people's association object meeting,

We stayed at the hotel of Mr. Takeshi Miyaki who was the same member.

 

大江町 003.JPG

これがそのお店です。

This is his family's cooking hotel.

http://www13.ocn.ne.jp/~oeyama/

 京都市内から車で約1時間半ぐらい北にある

大江町という所にあります。

ここにある大江山は昔から鬼伝説があり、

それにちなんだ鬼そばが有名です。

 

 At least about 1 hour and a half go north by car from Kyoto city .

It is in a place called Oe-cho.

Oe-yama(Mountain) which is here has a demon tradition from ancient times,

The demon buckwheat noodles in connection with it are famous.  

 

大江町 005.JPG

 

彼が宮木さんです。

年年歳歳2009では音楽や映像等の構成・編集で

大活躍されました。

He is Mr. Miyaki.

At the Kyoto young people's association object meeting 2009, it large-played an active part in the composition and edit of music, an image, etc.

 ちなみに私事で恐縮ですが、昼間にあった

ゴルフコンペではニアピンを3度も取り、

優勝させていただきました。

有難うございました!!

In the golf competition which suited at daytime, I win a closest to the pin prize 3 times,

I was allowed to win the victory.

Thank you!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Meet again April 18 Saturday

枝魯枝魯4月のメニュー4品目です。

It is four item of a menu in Guilo Guilo in April.

ギロギロ4月 004.JPG

 

真ん中の一品はエンドウ豆のすり流しに

白魚がのっています。

The food of middle is the paste of green peas.

There are two white fish on it.

 

 

さて本日は年年歳歳2009のゴルフコンペがあります。

また結果は後程報告します。

Today, there is a golf competition of the Kyoto young people's association meeting 2009 .

Moreover, a result will be reported later.

 

 

Mr. Kazuo Kobayashi April 17 Friday

| コメント(2)

枝魯枝魯4月のメニュー3品目です。

It is three item of a menu in Guilo Guilo in April. 

ギロギロ4月 003.JPG

 

これはウドとセリのきんぴらです。

きな粉酢で和えてあります。

This is the strings of udo and Japanese parsley
fried and boiled down in sugar and soy sauce.

It has mixed from soybean flour vinegar.

 

 

さて本日は姫路へ行ってきました。

というのは、姫路の茶道具屋さんである

小林一夫氏に商品見本を見てもらうためです。

 

I went to Himeji today.

Because, it is for Mr. Kazuo Kobayashi

to look at my sample.

He is the tea-things store of Himeji.

 

小林一夫 003.JPGこの人が小林さんです。現在85歳です。

裏千家の大宗匠より一歳年下ですが、

第二次世界大戦中は海軍におられたこともあり、

大宗匠とはとても親しくされておられます。

読書家で博識でもあり、特に歴史的なことに関しては

あらゆる分野のことをご存知です。

 

This person is Mr. Kobayashi. He is 85 years old now.

Although he is one year younger than Previous Grand Master of Urasenke,

Since it was in the navy during World War II,

It becomes intimate with Previous Grand Master very much.

He is a book reader, is knowledgeable and knows all fields

about an especially historical thing.

今から8年前、この小林さんと私は裏千家の催しに

ハワイへ行きました。

その時に大宗匠をご紹介してくださいました。

この人との出会いが私の運命を変えたと言っても

過言ではないでしょう。

 

今日も鴨肉をぺろりと食べられました。

まだまだお元気です。

 

 

This Mr. Kobayashi and I went for the event of Urasenke to Hawaii eight years ago.

He introduced Previous Grand Master to me then.

Probably, it is not an overstatement although the encounter with this person changed my fate.

 

He was eaten up in duck today also.

He is still fine.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

The color opal pasted pottery. April 16 Thursday

 

ギロギロ4月 002.JPG

 

枝魯枝魯4月のメニュー2品目です。

鯛の子を炊いたものと、コーヒー風味の

新小芋のすり流しが添えてあります。

上にはきぬさやがのっています。

 

 

It is two item of a menu in Guilo Guilo at April.

This cooks the egg of a sea bream.

The new small mashed potatoes of coffee flavor are attached.

Field beans have got on them.

 

さて例のカラーオパールですが、

何とか焼物に焼成して接着することが出来ました。

The color opal of KYOCERA was able to be pasted up on pottery.

 

オパール 002.JPG

 

ひと山越えた感じがします。

しかしながら、製品としてはまだまだです。

これからデザインや技術的な工夫を重ね、

人が欲しくなる焼物を作らなければなりません。

 

 

I thought that it exceeded one purpose.
However, it is not a product.
I am going to repeat a device after this.
For example, it is a design, technology, etc.
And I need to make the pottery in which people become wanting.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

枝魯枝魯(guilo guilo) April 15 Wednesday

 

ギロギロ4月 001.JPG

枝魯枝魯4月のメニュー一品目です。

This is the beginning of the menu in guilo guilo at April.

 

よこわのタタキの上に青さ海苔の佃煮とウニが

乗っています。

下にはふき のポン酢和えが敷いてあります。

 

This roasts a young tuna just for a moment. The blue dried seaweed and a sea urchin are on the young tuna.

Downward, with boiled japanese butterbur with dressing of lemon-soy sauce.

 

それにしても和食のメニューを英語に訳すのは

とても難しいです。

しかしながら外国客の多い京都の枝魯枝魯では、

スタッフの皆さんが英語で料理の内容を

答えられるように努力されています。

 

今週の土曜で一周年になるパリの枝魯枝魯では、

枝國さんが流暢にフランス語で料理の説明をされています。

本当に頭が下がります。

 

Even so, it is very difficult to translate the menu of Japanese-style food into English.

However, in guilo guilo of Kyoto with many foreign visitors, it is tried hard for the staff to be

able to answer the contents of cooking in English.

 

With guilo guilo of Paris which becomes the first anniversary in Saturday of this week

Mr. Edakuni is fluently explained in cooking in French.

I respect truly.

 

 

 

 

窯詰(Kiln stuffing ) April 14 Tuesday

今日は本焼(1,250°)の窯詰でした。

Today was a day of kiln stuffing.

 

お茶会 窯詰め 007.JPG

 これはイタリアのデザイナーのアレサンドラさん

デザインの皿と醤油入れを詰めているところです。

棚板からはみ出てはいけません。

This is a work of a designer of Italy, Ms. Alessandra.

It is just going to stuff the plate and the soy sauce cup.

Don't overflow a shelf board. 

 

お茶会 窯詰め 010.JPG

完全に詰め終わったところです。

ご覧のように品物の高さを揃えて詰めます。

It just finished stuffing kiln completely.

The height of an article is arranged and kiln is stuffed.

 

 

 

 

 

炎 002.JPG

先ほど窯の炎が着きました。

これから約17時間で焼きあがります。

The flame of kiln burned.

From now on, it burns and will go up in about 17 hours.

 

 

 

 

 

窯の焼成の良し悪しで品物の出来栄えが大きく変わります。

とても神経の使う仕事です。

私の所のような電気、ガス窯でもたいへんですが、

それが登り窯となると、窯を焚くのが専門職になります。

The performance of an article changes a lot for the right and wrong of calcination of kiln.

It is the work which a nerve uses very much.

Although it is serious also by electricity like my place, and gas kiln,

If it serves as a climbing kiln, those who burn kiln will become professionals.

 

今は技術の発展で焼物を作るのが容易になりました。

その分かえって陶工の技術レベルが下がる恐れがあります。

また明日から気合を入れなおします!!

It became easy to make pottery from development of technology now.

There is a possibility that a potter's technological level may fall that much on the contrary.

I do my best from tomorrow! ! !

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

The tea ceremony April 13 Monday

 昨日、お茶会へ行きました。

I went to the tea ceremony yesterday.

 

CIMG0903.JPG

 

京都美術クラブで行われた方香会というお茶会です。

方香会のメンバーは大塚宗香先生の社中で、

私も大塚先生に茶道を習っています。

It is a tea ceremony called a  hoko meeting in the Kyoto fine arts club.
The member of a hoko meeting is Ms. Otsuka soko's student.
The teacher of my tea ceremony is also Ms. Otsuka.

 

CIMG0900.JPG 

今日私の作品の花器が使われました。

 

The vase of my work was used today.

 

 

 

 

CIMG0902.JPG

 

花とうまく融合しています。

 

It has united with the flower well.

 

 

 

 

 

 

The new heroine was born. April 12 Sunday

 

ギロギロ4月 027.JPG

 

昨日私はボクシングの試合を観に

大阪へ行きました。

それも女性の世界タイトルマッチです。

I went to Osaka in order to look at boxing yesterday.

It was a female world title match.  

 

ギロギロ4月 013.JPG

 

というのは、私の友人の小泉さんが

女性選手を応援しているからです。

(中央の人が小泉さんです。)

It is because my friend is aiding the woman player.

The friend is Mr. Koizumi.

(A central person is Mr. Koizumi.)

 

ギロギロ4月 015.JPG  

小泉さんは多田悦子という選手の

後援会長をされてます。

 

He is the supporters' association length of a player called Etsuko Tada.

 

 

ギロギロ4月 029.JPG 試合結果は多田選手が判定で勝利しました。

新チャンピオンの誕生です。

その瞬間、小泉さんも泣いていました。

As for the result of the game, Tada won by the judgment.

It is a new champion's birth.

Mr. Koizumi was crying at the moment of victorious.

 

小泉さんは「多田選手は面白いキャラなので

きっとスターになる。」と言います。

He says. "If Tada probably becomes a star."

It is because she is a very interesting person.

 

それにしてもボクシングは想像以上に激しい競技です。

本当に命がけです。

自分の甘さを反省した一日でした。

Even so, boxing is a more intense game than creation.

It is really desperate.

It was the day which reflected on my sweetness.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

I will go to Berlin next year. 4月11日(土)

今日「器展」のパーティーに行ってきました。

 

そこでドイツのホテルのオーナー達と話をして

今日からブログを英語でも載せると言ってしまいました。

 

ギロギロ4月 038.JPG

ドイツの皆様今日は有難うございました。

また来年お会いしましょう!!

German you    today     thank you.

Let's meet you again next year!!

 

 

 

 

 

Guilo Guilo 4月10日(金)

 

Guilo Guilo_0003.jpg

 

このエル・ア・ターブルという雑誌に

パリのギロギロが紹介されてます。

 

もうすぐギロギロがパリに店を出して

1年を迎えようとしてますが、すでにパリっ子の

ハートをつかんだように思います。

やるとは思ってはいましたが、

想像を遥かに超えた評価をされています。

 

 

 

 

 

 

Guilo Guilo_0004.jpg

 

 27がギロギロの枝國さんです。

 

パリに行ってバターの食べ過ぎで

9キロ太ってしまったそうです。

 

やはり本場の食材は違うみたいで、

フランスやその近郊の食材をよく食べ研究されてます。

 

7月にはまた日本に帰ってくるそうですが、

その時は私とのプロジェクトの立ち上げの

記念月となることを願って...、

今から京都のギロギロに行ってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

和楽     4月9日(木)

 

小学館の雑誌「和楽」の5月号が一昨年私も少し出演した

NHK「美の壺」と連動して発行されます。

おそらくDVDが付録になるのでしょう。

 

この道30年の伊藤南山さんに京焼きのツボを教えていただきましょう。

これが2007年11月放送の「美の壺」での模様です。

この時は京焼の特徴でもある、低温(750から1,000度)で焼く

色絵具について説明しました。

 

「和楽」という雑誌は定期購読システムの会員制雑誌として発売されていましたが、

2009年4月発売の5月号より販売方法が拡大され、全国の書店店頭にて

求まることができます。

 

『和樂』は日本中から本物だけを集め、正統なスタイルと

美しいビジュアルでお届けするハイクオリティマガジンです。

自然や日本美術、伝統芸能や職人の手わざなど、

汲めども尽きぬ情趣に溢れる日本独自の文化はもちろんのこと、

ファッションやビューティ、インテリアなど洋にも開かれたジャンルを取り上げていると、

編集長 花塚久美子さんが述べられています。

 

ちなみに「和楽」5月号は4月11日発売予定です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

花見    4月8日(水)

| コメント(2)

 

本日は京都円山公園にて京都伝統産業青年会の

花見が行われました。

 

花見 004.JPG

 

有名なしだれ桜です。

 

今日は日中五月の気温で、夜も

快適な花見日和でした。

 

 

 

実は今日私は長年お世話になった

京都伝統産業青年会を桜のごとく

散ろうと思い、最後のイベントとして

参加しました。

 

三谷会長にその旨を伝えたところ、

「来期で最後となる四条京町屋の

最期を見とどけてください」と言われ、

心がグラっと揺るぎました。

 

今年の桜は見事に咲き誇ったまま

なかなか散ろうとしません。

 

私ももう一年頑張って、四条京町屋の最後を

見届けようと思います。

 

タイムリミット  4月7日(火)

 

本日京セラの方が来られ、今週金曜日までに

カラーオパールを陶磁器に焼き付けた完成品を

欲しいとおっしゃいました。

 

実験 001.JPG

 

よって今日が最後の実験となります。

 

昨年暮れから数十回にわたり、実験を

繰り返してきました。

 

 

 

実験 003.JPG

 

これがカラーオパールの塊です。

 

陶磁器の主成分であるシリカの純度が高いので、

なかなか焼き付けるのに難しい材料でした。

 

 

 

実験 004.JPG

 

今このテストピースが窯で焼かれています。

 

明日にはほとんど目安がつきます。

 

 

 

明日の夜は京都伝統産業青年会の

花見が、円山公園のしだれ桜近くで開催されます。

 

ハッピーな気分でぜひ参加したいです!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

京都東山トライアングル  4月6日(月)

 

本日ハイアットリージェンシー京都で

会合をしました。

 

ハイアット 001.JPG

とても品があって、高級感漂うホテルです。

 

今日は私が所属している京都青窯会協同組合と

泉涌寺陶磁器青年会が毎年秋に行っている

もみじまつり及び泉涌寺さんが今年行うイベントに、

ハイアットさんに御協力を呼びかけた会合でした。

 

ハイアットリージェンシー京都の

横山総支配人は京都東山南部地域の

発展に力を注ぐことに関して、努力を

惜しまない方です。

 

今回の我々の提案にとても前向きのご返事をいただき、

今後定期的に会合を持ち、具体的なビジョンを立ち上げ、

地元の活性化に取り組むこととなりました。

 

ハイアット、泉涌寺、東福寺に囲まれた私たちの

窯元地域は単なる観光地というより、今後特別な

付加価値をつけていくのには格好の場所だと思います。

 

この秋は練りに練ったイベントをしようと考えています。

どうかお楽しみに!!

 

ハイアット 004.JPG

話は変わりますが、これは今日ライブで作った

湯呑を少し乾燥させた後(3時間前後)、

変形させているところです。

 

ロクロの段階で薄く均一に作っておかないと

重くなってしまいます。

 

匠の技?と自分では思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

品格   4月5日(日)

| コメント(2)

 

京都花見小路白川にかかっている有済橋の桜です。

 

桜 001.JPG

ここには「なすあり地蔵」と呼ばれている

お地蔵さんがあります。

1954年の花見小路通りの水道管工事のとき、

白川の川底から掘り出されたのがこの地蔵です。

それまで何百年もの間、暗闇の中でジッと

耐えしのんでいた、忍耐の地蔵です。

 

 

忍耐、根性というと一昔前のスポーツが連想されます。

本日NHKテレビで、相撲の栃錦関の話が放送されてました。

 

テーマは横綱の品格というもので、横綱としての相撲の内容・

引き際・私生活・などなどが紹介され、横綱というひとつの美学

を追求された関取の話でした。

 

私が作品を作る上で大切にしていることがあります。

まさしくそれは品(ひん)というもので、上品・品格・気品

というものなどです。

 

上品な作品、品格・品位のある作品とは作ろうと思って

作れるものではありません。

 

栃錦関が提唱された、日頃からの言葉使い・服装・身だしなみ・

礼儀・作法・感謝・等々を大切にし、自分自身を品格のある人間

にレベルアップしてこそ、いい作品が生まれるのでしょう。

 

ただ自分的には酒席では品のない話もありかなと思うのですが...。

 

明日はハイアットリージェンシー京都の横山総支配人と

京都東山南部地域活性化について話をします。

 

 

 

 

 

フィレンツェ見本市  4月4日(土)

 

4月25日~5月3日に行われる、

イタリア トスカーナ州 フィレンツェの

見本市に出品することとなりました。

 

京都府とトスカーナ州との事業の一環で、

京都府が招聘しているデザイナーと私が

コラボレーションしたということもあり、今後の

発展を期待し参加します。

 

TAO 002.JPG

 

3年前イタリアの空間デザイナーの

アレサンドラさんがデザインし、私が制作した

寿司を食することをイメージした食器です。

この皿はパリの枝魯枝魯(ギロギロ)で使用されてます。

今回の見本市にも出品します。

 

この見本市にはキョフーという京都の伝統工芸品を

海外に売ろうというグループが3年前から参加されていて、

私は今回25日26日にキョフーさんのブースに特別参加の

ような形で出品します。

 

私が15年前にパリで展示会をした時に

自分自身が夢に描いた想いを

実際現実にしている若人がいます。

 

今回出会ったキョフーの木村さん、

枝魯枝魯の枝國さん、

そしてあの中国マフィアの小泉さん。

 

それぞれ仕事は違いますが行動的で

シャープです。

 

おもしろくなりそうです!!

 

 

 

 

 

 

窯出し   4月3日(金)

 

本日は窯出しの日です。

 

窯出し 001.JPG

先日ご報告した蛍手の商品が出ます。

 よく「窯出しの日が楽しみですね」と言われますが、

約30年この仕事をしていると、喜びを求めるよりも

苦しみが先行します。

今日も最悪の事を考え、蛍手の部分がうまくいかず、

全部穴が開くことを思い浮かべていました。

 

天然の地球上の鉱物を約1200度以上で焼いて

それをビジネスとして成り立たせること自体

難しい事だと思います。

 

しかしながら私たち陶芸家はその不自然を

自然とし認識してもらわなければなりません。

 

窯出し 004.JPG

 

今日はなんとか予定通りうまくいきました。

 

しかし、なかなか上手くいかないのが

陶芸です。

 

 

窯出し 006.JPG

 

京都四条縄手上る「やまとはし」の桜です。 

 

この桜は毎年生き生きと咲き誇ります。

 

 

 

 

 

土、水、大気、炎、

自然と共存しながら私たち陶芸家は恵まれた

環境の中仕事をしていると感謝させられ、

明日も頑張ろうと思わされたワンシーンでした。

 

愚痴を言わず毎年咲き誇ります!!

 

  

 

 

 

 

 

今日の枝魯枝魯です。

 

ラピットプロトタイピング 004.JPG

 

ご覧のとおり桜が満開です。

 

チェルシーさんが仕込みをしています。

 

 

 

さて本日

先日の池袋での酒器展の作品を取りに

工業技術センターの工芸研究室に行ってきました。

 

ラピットプロトタイピング 002.JPG

 

そこにあるラピッドプロトタイピングです。

 

 

 

 

 

ラピットプロトタイピングとは3DCADの3次元データを利用して

設計現場などで迅速に試作を制作する手法です。

RP:Rapid(速い) Prototyping(試作化)。

FDM・SLS・LOM・インクジェットなどの生成手法があり、

デザインサンプル、構造サンプル、樹脂などより住み分けがされています。

 

 

ラピットプロトタイピング 009.JPG

私はこの機械を使用して、水指や花入れの原型を

作りました。

そしてこの原型をそのまま使い石膏の型を作っています。

この機械を陶磁器に利用しているのは私が初めてだった

ので、この件も以前新聞に取り上げられました。

 

 

しかしながら当時記事を見た人から

コンピューターを使っているというだけで

安価に商品を大量生産をしていると非難されました。

 

私としてはパソコンもロクロやカンナと同じ感覚で

一つの道具として使い、少しでも完璧な作品を

創り出すために考え出した手法だったのですが...。

 

現に昔と違い今ではロクロは電気で動き、窯も

コンピューター制御で温度調整ができる時代です。

 

上の写真の樹脂の原型が、「交趾亀甲宝尽し水指」に

変身するのを楽しみにしてください!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

京都市工業試験場  4月1日(水)

 

先週放送されたNHKの「美の壺」に出演された

横山先生は、現在京都市産業技術研究所工業技術センター

(旧京都市工業試験場)に勤務されています。

 

私が陶磁器のことに関して疑問点があると、

専門書を読む前に、とにかく何でも横山先生に

電話を入れます。

 

最近ではブログで紹介している仁清の雉の香炉を

見せてほしいと電話を入れ、快く了解していただきました。

 

雉の香炉 016.JPG

 

これはその時見せていただいた、楽茶碗を

総釉(素地の土の部分を見せず全体に釉薬を塗る)に

するときに使用する道具です。

窯の中でこの上に茶碗を置きます。

 

 

雉の香炉 017.JPG

 

これは横山先生考案のものですが、

私が楽焼で使用する窯は小さいので

このタイプは使えません。

 

 

 

なぜ楽焼の総釉かというと、

ダイヤモンドヘッドの釉薬を使用した場合、

土の部分が見えると、素地の原材料が

ダイヤモンドヘッドの岩石だと勘違いする人が

出てくる可能性があるからです。

 

このように基本的なことを中心に何でもかんでも

電話で問い合わせます。

おそらく京都市工業試験場卒業生で私が一番問い合わせをし、

実際に一番多く訪れていると思います。

 

今から25年前研修生として通っていた時は

はっきりいってメチャメチャでした。

余りにもエピソードが多すぎるのと、内容が破天荒なので

紹介しきれません。

 

私の記憶が確かなら、陶芸をしていたというより、

何かやたら歌って踊っていた様な気がします。

 

 

 

このアーカイブについて

このページには、2009年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年3月です。

次のアーカイブは2009年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。