2009年6月アーカイブ

Completion of the work June 30 Tuesday

| コメント(5)

本日山下さんと木村さんの作品が

窯から出ました。

The work of Ms. Yamashita and Ms. Kimura came out of kiln today.

CIMG1588.JPG

山下さんの菓子鉢です。

黄瀬戸に織部が上品にかかっています。

指すじが大胆に表現され、力強さを感じます。

 It is Mr. Yamashita's bowl for sweets.

Kizeto is covered with sufficient elegance by Oribe..

The line of a finger is expressed boldly and forcibleness is felt.

 

CIMG1587.JPG

 

これは木村さんの作品です。

底の部分の窯変(窯の中での化学変化)が

いい感じです。

 This is Ms. Kimura's work.

The portion of the bottom of a work carries out a chemical change in kiln, and it is good feeling.

 

Good job!!

 

 

 

 

釉薬  Glaze June 29 Monday

| コメント(3)

本日山下さんと木村さんの作品に

釉薬をかけました。

I covered glaze over the work of Ms. Yamashita and Ms. Kimura today.

釉かけ 002.JPG

 

黄瀬戸を全体にかけた後

織部を筆で垂らしました。

After I covered the Kiseto to the whole, 

I applied Oribe with pen.

 

 

 

釉かけ 003.JPG

 

左は木村さんの作品です。

焼きあがると赤くなります。

ちなみにJyunkoさんの作品は

交趾なので別の窯になります。

The left is Ms. Kimura's work.

It will become red if baked thoroughly.

Incidentally, since Ms. Jyunko's work is Kouchi, it is another kiln.

 

釉かけ 004.JPG

 

これは焼きあがった木村さんの湯のみです。

ハイビスカスが上品に表現されています。

This is Ms. Kimura's teacup.

The hibiscus is expressed with sufficient elegance.

 

 

 

釉かけ 005.JPG

 

湯呑の中です。

さすが茶人!!

It is in a teacup.

She is a master of the tea ceremony truly! !

 

 

先ほどの鉢と茶碗は明日窯から出ます。

楽しみですね。

A bowl for sweets and a teabowl  will come out of kiln tomorrow.

It is pleasure.

今日は今人気の「白いたい焼き」を

初めて食べました。

I ate "the white fish-shaped pancake stuffed with bean jam" which is now popular for the first time today.

 

白いたい焼き 001.JPG

これは生地にタピオカ粉などを混ぜ、焼いても白い状態の

ままの「たい焼き」です。

口に入れるとモチモチとした大福のような食感です。

 Even if it burns this using tapioca powder etc., it is white.

When it puts into a mouth, it is texture like a soft rice cake stuffed with sweet beans.

 

白いたい焼き 002.JPG

中は白黒あんの他、チョコやカスタードクリームなど

色々と豊富です。

 Inside is abundant in red bean paste, chocolate, custard cream, etc.

 

 

 

 

発祥は福岡だそうですが、今は全国区になっています。

 Although it is said that origin is Fukuoka, it is a national constituency now.

 

いずれブームも落ち着くと思いますが、

今回のようなヒット商品には共通した要素が存在します。

 Although I think that the boom also settles down someday,

It exists that a hot-selling product like this time is common things.

 

「基本を守りながらも斬新で完成度の高いもの」

これも一つの要素でしょう。

 "What has completeness novel and high though foundations are kept"

Probably, this is also one element.

 

Sketch June 27 Saturday

3年前に売った水指の注文が入りました。

The order of the fresh water container sold three years ago entered.

うさぎ水指 002.JPG

 

一品だけ作ったものです。

写真とサイズは控えてありました。

 It was the work made only one.

The photograph and size were prepared.

 

 

若い頃、芸術の基本だと思い

私はよくスケッチをしていました。

 It thought that the foundations of art were sketches when I was young, and I was sketching mostly.

 

うさぎ水指 001.JPG

 

「基本の大切さを知ること」

何をするにも、人生で一番大事なことですね!

 "Basic importance"

It is the most important [ in life ] also for carrying out what!

 

 

 

 

 

 

 

昨年裏千家ハワイセミナーへ行った際、

現地の人に月下美人を観に連れて行っていただきました。

When I carried out to an Urasenke Hawaii seminar last year, I looked at the Queen of the Night by the person of Hawaii.

 

月下美人 001.JPG

 

その人へのお礼に、月下美人の図柄の

抹茶碗を作りました。

 In the gratitude to the person, I made the tea bowl of a Queen's of the Night pattern.

 

 

 

月下美人 002.JPG

 

ハワイの貝殻も使用しました。

 I also used the shell of Hawaii.

 

 

 

 

来月18日からハワイへ行きます。

 I am going to go to Hawaii from the 18th of the next month.

 

現地からリアルな話題をお伝えしますので

お楽しみに!!

 Since I am going to tell real subject from a spot, please expect!

 

ビッグ・サプライズもあると思います。

 I think that there is also big surprise.

 

 

 

 

Sennyu-ji June 25 Thursday

本日は展示会の打ち合わせで

泉涌寺へ行ってきました。

I went to Sennyu-ji by the arrangement of the exhibition today.

泉涌寺1.jpg

 

仏殿から見た大門です。

9月20日からの4日間泉涌寺のライトアップに合わせ、

この参道に陶磁器製の灯籠が並ぶ予定です。

 It is Daimon seen from Butsuden.

Some lanterns  made from pottery are due to be located with this approach on the day of lighting of Sennyu-ji during four days from September 20 in a line.

 

 

泉涌寺2.jpg

 

仏殿の中と外にも花灯籠を置きます。

 Some lanterns are put also on the inside of Butsuden, and outside.

 

 

 


泉涌寺は皇室関係の御寺ということで、

ある意味神秘的な部分がありました。

 Sennyu-ji is an Imperial-Household-related temple,

A certain meaning -- there was a mystical portion.

しかしながら、近年はとてもオープンになり、

今後一層一般の方に身近な存在として

認知度を高めていかれようとされています。

 However, it becomes very open in recent years,

It is striving for name recognition highly as an existence familiar to the future much more general one.

皆さまも心の安らぎを求めるため、

ぜひ一度遊びに来てください。

 In order that you may also ask for the peacefulness of the heart, please come for play once.

 

 

 

 

 

 

 

 

本日木村聡子さんの茶碗を削って仕上げました。

I shaved and finished Ms. Satoko Kimura's tea bowl today.

木村さん茶碗 006.JPG

 

削るのには一番いいタイミングです。

 It is the timing best for finishing a form.

 

 

 

 

木村さん茶碗 007.JPG

 

上品で素直な形です。

 It is a decent and gentle form.

 

 

 

 

木村さん茶碗 008.JPG

 

大胆な指筋もあります。

 There is also a bold  line of her finger.

 

 

 

 

ゆっくり乾燥させて、赤~ピンク色の釉薬をかけます。

This is dried slowly,

I am going to cover glaze of red - pink over this.

 

Bone china June 23 Tuesday

本日ボーンチャイナの実験を始めました。

I began to experiment of the bone china today.

ボーンチャイナ 002.JPG

 

ボーンチャイナは字の如く、磁土に骨(牛)の灰を

30%以上混ぜ込んだものです。

The bone china is the raw material which mixed bony (cow) ashes with kaolin 30% or more.

 

 

以前私のブログで紹介したように、京都の

磁器を生産している窯元は、ほとんど同じ原材料を

使用してきました。

 As before introduced by my blog, the kiln origin which produces the porcelain in Kyoto has used the almost same raw material.

 

各陶磁器産地間の閉鎖的かつ競争意識により、

かつては原材料の流失はままなりませんでした。

 Each pottery place of production are Exclusive  And there was a sense of rivalry.
There were few spills of raw material once.

 

しかしながら現在はインターネットの普及により、

全国から多種多様な原材料を入手できるようになりました。

 However, it is the spread of the Internet now,

Various raw materials can be obtained now from the whole country.

 

「京焼のボーンチャイナ」

これも有りかなと私は思います。

"The bone china of Kyoto ceramic ware"

I think that this is also a good idea.

本日は裏千家国際セミナーの同期の

佐世保の木村聡子さんが工房に来られました。

Ms. Satoko Kimura of Sasebo of me and a classmate at the time of the Urasenke international seminar came to my studio today .

木村聡子さん 015.jpg

 

轆轤での抹茶碗の制作風景です。

 It is the work scenery of the tea bowl on a potter's wheel.

 

 

 

 

木村聡子さん 016.jpg

 

次に湯呑への絵付けです。

 ハイビスカスの絵を描かれました。

 Next, it is china-painting to a teacup.

 She drew the picture of the hibiscus.

 

 

 

次回7月に友人と京都に来られますが、

先週金曜日に国際セミナー同期仲間の

鈴木さんと私と3人で行った枝魯枝魯に

行かれます。

 She is going to come to Kyoto with her friend in July next time.

They are going to go to Guilo Guilo performed by three persons with an international seminar synchronous friend, Ms. Suzuki, and me, on Friday last week.

 

その時までには今日木村さんが作られた作品が完成しています。

 Next, by the time they come to Kyoto, the work which she made today will be completed.

 

 

ダイヤモンドヘッドの岩石を砕いて釉薬を作り、

それを使用した抹茶碗が本日焼きあがりました。

I break the rock of Diamond Head and make glaze,

The tea bowl which uses it was completed today.

ダイヤモンドヘッドの茶碗 001.JPG

 

その茶碗で家内にお茶を点てました。

 I blended tea to my wife using the tea bowl.

 

 

 

 

ダイヤモンドヘッドの茶碗 004.JPG

 

総釉で高台にも釉薬がかかっています。

 Glaze is applied also to the bottom of the tea bowl.

 

 

 

 

昨年の7月に岩石を採取してから、

約1年近くになります。

 It has been about one year since I extracted rock in last year .

 

やっとここまで辿り着いたという心境です。

 It is my mental state where it arrived so far at last.

 

これからもっと完成度を上げ、

皆さんに感動を与える作品にしていきます。

 I raise the completeness of a work more after this, and make it the work which gives you impression.

 

 

 

 

皆さまからよく尋ねられる、ダイヤモンドヘッドの

岩石を砕いて作った釉薬を初めて抹茶碗に塗りました。

It is often asked from you,

I applied to the tea bowl the glaze which broke and made the rock of Diamond Head for the first time.

ダイヤモンド茶碗 001.JPG

 

明日焼成しますが、いよいよ千里の道のりの

一歩目が始まります。

Although I will calcinate a tea bowl tomorrow,

The first step of 4000km distance starts still more.

Cobalt blue June 19 Friday

| コメント(2)

枝魯枝魯6月のデザートです。

It is a dessert in June of Guilo Guilo.

コバルトブルー 001.JPG

 

枝豆のパンナコッタに

岩塩とオリーブオイルがかかっています。

コーヒー風味のティラミス、

胡麻の生キャラメルです。

 

 

Rock salt and olive oil are applied to the panna cotta of green soybeans.

Tiramisu of coffee flavor,

Raw caramel of sesame.

 

さて本日、J.YさんとY.Yさんの湯呑と飯碗が

焼きあがりました。

The teacup and rice bowl of Ms. J.Y and Ms. Y.Y were completed today.

コバルトブルー 002.JPG

 

コバルトブルーの絵具は呉須(ゴス)と言って、

磁器にはよく使用されます。

中国は明の時代に「青華」と呼ばれ、

ヨーロッパで珍重されました。

 Cobalt blue paints are called (Gosse) and are often used for porcelain.

China is called "Seika" to the Min era,

It was treasured in Europe.

 

そして私の父も商品に呉須を多く使用しました。

 And my father also used many Gosse for goods.

 

一昨日は私の父の40回目の命日でした。

父の残してくれたコバルトブルーの商品は

現在では市場には存在しません。

 It was my father's 40th deathday the day before yesterday.

The goods of the cobalt blue which my father left do not exist in a market now.

 

しかしながら父の「人のやっていないことをする精神」は

私の心の中に永遠に光り輝いています。

However, my father's "soul which carries out that people are not doing" is shining forever in my heart.

透き通った美しく鮮やかなコバルトブルーのように...。

 It is like the beautiful transparent cobalt blue.

 

 

枝魯枝魯6月のメニュー6品目です。

It is the 6th menu in June of Guilo Guilo.

ギロギロ6月 006.JPG

 

五穀米に、鱧天、ズッキーニ、伏見唐辛子、

ゴーヤ南蛮漬けです。

On five-cereals rice, they are the tempura of a sharp-toothed eel, zucchinis, and the Fushimi green pepper, pickled vegetables with red pepper of bitter gourd.

 

 

さて本日、万歩計を買いました。

I bought a measuring instrument 10,000 steps today.

万歩計 001.JPG

実は運動不足のせいで、体重が少し増えて膝に

負担がかかりました。

ほとんど座り仕事なので、足腰を痛める陶芸家は

多いです。

 In fact, I was the result of lack of exercise, I put on weight for a while and, to me, the burden was placed on the knee.

Since most ceramists are the work which sits down, there are many ceramists who hurt legs and waist.

 

最近特に話題の小説家の村上春樹氏は

良い仕事をするため、トライアスロンまでされています。

 In order that Mr. Haruki Murakami who is a novelist of especially recently subject may do good work, he has been doing the triathlon.

 

どんな仕事でも「心」「技」「体」のバランスが必要ですね!

 The balance of the "heart", "skill", "health" is required of any work!

 

The excess is deleted. June 17 Wednesday

| コメント(4)

枝魯枝魯6月メニューの5品目です。

It is the 5th of the menu in June of Guilo Guilo.

ギロギロ6月 005.JPG

今月のメイン料理です。

炙り鴨、丸茄子揚げ、ゴボウと白味噌田楽ソース、

色紙冬瓜、梅肉、オクラ南蛮、糸鰹です。

It is a main dish this month.

The roasted duck, the thing which fried the round eggplant, a burdock and white miso dengaku sauce,

A thin wax gourd, a pickled plum, okra, a thin dried bonito .


さて本日,

J.YさんとY.Yさんの作品の

削りをしました。

Today ,

I shaved the work of Ms. J.Y and Ms. Y.Y.

 山下さんの削り 001.JPG                                                         

茶道の道具としての使用目的がはっきりしているので、

完成度が高いです。

 Since the purpose of use as a tool of the tea ceremony has clarified, these are high quality.

 

 

 

 

ゆっくり乾燥させて、お皿は黄瀬戸に織部、

茶器は紫交趾で仕上げます。

 Making it dry slowly, a plate is Oribe to the Kiseto,

A container for powdered thin tea is finished by purple glaze.

 

なおJ.Yさんの茶器は個人的には左の作品が

いいと思います。

 In addition, I think that the left work of Ms. J.Y's work is good.

Blue porcelain June 16 Tuesday

枝魯枝魯の6月のメニュー4品目です。

It is the 4th menu in June of Guilo Guilo.

ギロギロ6月 004.JPG

 

鮎の天ぷら、鱧の出し汁に芋茎と雲丹、鯵山河焼です。

 Tempura of a sweetfish,

They are taro stalks and sea urchin in the broth of the sharp-toothed eel,

 It is an omelet of the scad.

 

 

 

さて本日は諏訪蘇山さんの個展を観に、

京都高島屋に行きました。

I went to Kyoto Takashimaya to see Mr. Suwa sozan's private exhibition today.

諏訪蘇山 001.JPG

 

当代で4代目になり、青磁を得意とされてます。

女性ならではの感性での作品造りで、

展示会はとても盛況でした。

 It becomes the 4th generation in the present generation, and the blue porcelain is made elated.

It is work structure by female sensitivity,

The show was very prosperous.

 

青磁は2~3%の鉄分が透明の釉薬に含まれ、

還元焼成されて、高貴な青い釉薬となります。

 A blue porcelain is contained in transparent glaze with 2 to 3% of iron,

Reduction firing is carried out and it becomes noble blue glaze.

 

私自身陶芸家は98~99%努力で築き上げた技術と

数%の持って生まれた天分が必要だと思っています。

 I think that a ceramist needs the technique by efforts 98 to 99% and the nature of several percent

やっと日曜日のお茶会の疲れも取れ、

7月のハワイに向け本格始動します。

 At last, I can also relieve the fatigue of the tea ceremony on Sunday, and am formally put into operation towards Hawaii in July.

 

 

 

Universal design June 15 Monday

枝魯枝魯の6月のメニュー3品目です。

It is the 3rd menu in June of Guilo Guilo.

ギロギロ6月 003.JPG

 

鰻、蓮根、奈良漬の湯葉巻です。

汁にはトマトが入っています。

 These are the rolls of the soy milk skin containing eels, lotus roots, and Nara pickles.

The tomato is contained in soup.

 

 

 さて本日はユニバーサルデザインの勉強会をしました。

Now, the study meeting of universal design was held today.

ユニバーサルデザイン見学 002.JPG

 

京都芸術デザイン専門校の学生さん達です。

老人養護施設の厨房を見学しました。

 They are the students of the Kyoto art design special school.

We visited the cookroom of the elderly-people nursing institution.

 

 

ユニバーサルデザイン見学 004.JPG

 

組合の会館でユニバーサルデザインの食器について

勉強をしました。

 We studied about the tableware of universal design in the hall of the local association.

 

 

 

11月の「東福寺~泉涌寺窯元もみじまつり」で

学生さん達がデザインした食器を展示する予定です。

 We are going to exhibit the tableware which the students designed in "Tofukuji - the Sennyu-ji kiln former maple festival" in November.

 

 

Debut June 14 Sunday

| コメント(3)

枝魯枝魯の6月のメニュー2品目です。

It is the 2nd menu in June of Guilo Guilo.

ギロギロ6月 002.JPG

 

伊佐木造り、焼茄子です。

漬けワサビを巻くか、もしくは湯葉醤油で食べます。

 They are fresh slices of a fish, and a grilled eggplant.

The Japanese horseradish soaked in soy sauce is rolled, or it eats with soy-milk-skin soy sauce.

 

さて本日は、UIA(裏千家インターナショナル

アソシエーション)近畿エリアの催しで、

お茶会がありました。

Now, it is an event of UIA (Urasenke international association) Kinki area today,

There was the tea ceremony.

UIAお茶会 012.jpgこれらがお道具ですが、水指、建水、火入が

私の作品です。

 Although these are tools, a fresh water container, kensui, hiire are my works.

 

 

 

 

今日は初めて人前でお点前をする予定でした。

誰かがするのを見てからと安心していたら、

いきなりトップバッターでして欲しいと言われ、

ちょっと焦りました。

I was going to do procedure for making tea in public for the first time today.

If relieved in since I see someone do,

I was suddenly told to want you to be the leadoff man, and got impatient just for a moment.

UIAお茶会 013.jpg

 

自分でも驚くぐらいアクシデントもなく、

無事終了しました。

 There is also no accident to the extent that I am surprised, and it ended with no problems.

 

 

 

自分自身将来お茶の先生になる目標もなく、

ただ陶芸の仕事に役立つ様にと思い

お茶のお稽古に行っています。

 I do not have a target which will be a teacher of tea in the future, either, think that I am merely useful for work of ceramic art, and am doing exercise of tea.

 

そんな私に対し「できるだけ休まないように来てね。」と

だけアドバイスしていただく、大塚先生の指導の意味が

本日はっきりと理解できました。

 "Coming not to rest as much as possible" to me. Today I have understood clearly the meaning of instruction of Mr. Otsuka who has she advise .

感謝!!

Gratitude! !

Green bamboo lid rest June 13 Saturday

samiaさんのアドバイスのおかげで、

明日に青竹蓋置が使えます。

Thanks to samia's advice, a green bamboo lid rest can be used tomorrow.

青竹蓋置 002.JPG

 

明日、お茶席のお点前をする予定ですが、

詳しいことは明日のブログをお楽しみに!!

おやすみなさい。

Although I am going to do procedure for making tea tomorrow,

Details are pleasure about tomorrow's blog!

Good night.

 

ろくろ  Potter's wheel   June 12 Friday

枝魯枝魯(ギロギロ)6月のメニュー1品目です。

It is the 1st of the menu in Guilo Guilo on June.

 

ギロギロ6月 001.JPG

トウモロコシのすり流し、スナップエンドウ、土佐酢ジュレ、

鮑肝醤油胡麻酢和え、赤パプリカ甘酢漬けです。

Cold potage soup of corn ,

Snap peas, Vinegar-seasoned-with-bonito-flavor gelee,

The liver soy sauce sesame vinegar of an abalone is mixed.

Sweet-vinegared pickles of red paprika.

 

さて本日裏千家国際セミナー同期の

山下潤子さんと山下弥生さんが、

私の工房に来られました。

Now, Urasenke international seminar contemporary Ms. Junko Yamashita and Ms. Yayoi Yamashita came to my studio today.

山下さん 009.jpg

 

弥生さんは菓子皿を作られました。

 Ms. Yayoi Yamashita made the plate for sweets.

 

 

 

 

山下さん 010.jpg

 

潤子さんは替茶器を作られました。

 Ms. Junko Yamashita made second container for powdered thin tea.

 

 

 

その後潤子さんは湯呑を、弥生さんは

御飯茶碗をそれぞれご主人のために、

素焼きの下絵付けに挑戦されました。

 Then, Junko challenged the painting of teacup and Yayoi challenged the painting of the rice bowl.It is for a husband.

 

また作品の経過報告を随時します。 

 Moreover, I give the progress report of a work at any time.

孔子 Confucius June 11 Thursday

090610_1817~01.jpg

 

昨日私の地元の京都青窯会協同組合の役員の

懇親会がありました。

 There was a social gathering of my local Kyoto seiyoukai cooperative yesterday.

 

筏に仁清写しの器が映えます。

 The tableware of a Ninsei copy looks beautiful on the raft.

 

 

さて青窯会の青年部ともいえる、泉涌寺陶磁器青年会の

話題ですが...、

Now, it is the subject of the Sennyu-ji pottery young men's association who is a youth part of the Seiyoukai...

京都の異業種の伝統産業の青年会が集まっている、

京都伝統産業青年会から脱会する方向らしいです。

 They will  aim to withdraw from the Kyoto tradition young men's association.

理由は会に入っていても利にならないと思う人が

いるからでしょう。

 It will be because there are those who think that it does not become a profit even if the reason participates in a meeting.

子曰く

「君子は義に喩(さと)り、小人は利に喩る。」

(立派な人は物事を正義かどうかで判断するが、

愚かな人は損か得かで判断する。)

 Confucius said. (Although a splendid person judges things for justice)

A foolish person judges things for money. )

 

Green bamboo June 10 Wednesday

| コメント(3)

昨日友人の布瀬君にお願いして、

青竹の蓋置きを作ってもらいました。

My friend Mr. Fuse made lid rest of the green bamboo yesterday.

青竹 001.JPG

 

これぞ京都、これぞ旧友

いい蓋置ができました。

 This is Kyoto and this an old friend.

The good lid rest was made.

 

 

 

この蓋置は14日に使います。

 This lid rest is used on the 14th.

 

皆さまの温かい愛情に包まれるお茶会!!

 The tea ceremony wrapped in many people's warm love!

最高ですね。

 It is wonderful.

 

Mr. Kishichiro Amae June 9 Tuesday

| コメント(2)

本日の京都新聞朝刊に

裏千家UIA(インターナショナルアソシエーション)の

会長の天江喜七郎氏の記事が載っていました。

Mr.Kishichiro Amae of the chairman of Urasenke UIA (international association) appeared in today's Kyoto Shimbun morning paper.

 

天江氏.jpg

内容は「オバマ政権と中東問題」という

タイトルの国連公開講座での発言でした。

 The contents were the utterances in the U.N. open class of the title "The Obama
 government and the Middle East problem."

 

冒頭この記事でもわかるように、

難しい問題を親しみのある内容でスタートし、

理解しやすく説明されています。

 He starts a difficult problem by contents with familiarity, and it is easier to understand the contents and he is explained so that you may understand also with this report at first.

 

天江氏ご自身がとても謙虚で、ユーモアがあり、

親しみやすい人柄です。

 Mr. Amae is very humble, and he is humorous, and is the personality of the good feeling.

 

来る14日UIA近畿エリア主催の講演会で

御講演をされます。

 He will give a lecture in the UIA Kinki area-sponsored lecture meeting on the 14th.

 

タイトルは「オバマ政権の外交と国際情勢の新たな動き」ですが、きっと分かりやすく、

面白くお話しされると思います。

 Although a title is "a new motion of the diplomacy of a Obama government and the international situation", he will talk intelligible and pleasantly.

 

Bio diesel fuel June 8 Monday

本日の京都新聞夕刊に、京都青年団体会議で

一緒に仕事をした野本さんが掲載されてました。

In this Kyoto Shimbun evening paper ,

Mr. Nomoto who worked together at the Kyoto young people's association object meeting was published.

廃油回収ボックス.jpg

 

内容はバイオディーゼル燃料の原料となる

使用済み天ぷら油を回収する箱を製作しているという

内容です。

 The contents are manufacturing the box which collects the used tempura oil used as the materials of bio diesel fuel.

 

知人がいいことでマスコミに取り上げられるのは

嬉しいものです。

 It is glad that an acquaintance is taken up by mass media by a good thing.

 

 

ちなみに野本さんもゴルフが好きで、私とは

2度コンペで一緒で、スコアが1勝1敗です。

 Incidentally, Mr. Nomoto also likes golf, he is together with me in a 2 times competition, and a score is one loss one victory.

 

今日は私も少しエコを考えた取り組みをすべきだと、

考えさせられました。

 I was made to think today that the measure which thought of a little Eko should be carried out.

田植え  Rice planting June 7 Sunday

本日田植えに行きました。

I went to Rice planting today.

田植え 008.jpg

京都の酒米「祝」を復興させようと始まった

イベントです。

中央は酒蔵「月の桂」の増田社長、

右は山田ファームの山田豪男(ひでお)さんです。

 It is the event which revived the brewer's rice "congratulation" of Kyoto .

A center is President Masuda of "Tsukino Katsura" .


The right is Mr. Hideo Yamada of the Yamada farm.

 

田植え 009.jpg

 

親子連れ等、約70名の参加者でした。

 The participant were about 70 persons, such as parent and child.

 

 

 

 

田植え 010.jpg

 

田植え終了後、山田さんのお米で作った

おにぎりを食べました。

 We ate the rice ball made from Mr. Yamada's rice after the end of rice planting.

 

 

 

私も今日田植えをしましたが、自分には

農耕民族のDNAが受け継がれていると思いました。

 Although I also transplanted rice seedlings today, for myself, I thought that an agricultural people's DNA was inherited.

10月25日に稲刈りをして、来年2月に純米酒「都丸」となります。

 It reaps on October 25 and will be junmai-shu "Tomaru" in February, next year.

  

本日来週14日の裏千家UIAの呈茶で使用する

水指が焼きあがりました。

A fresh water container which is due to be used by the tea ceremony of Urasenke UIA on the 14th was completed today.

扇面水指 001.JPG

 

扇の形で黄交趾花丸文です。

 It is a yellow kouchi flower circle pattern in the form of a fan.

 

 

 

 

扇面水指 002.JPG

 

蓋を開けた状態です。

 This is in the state which opened the lid.

 

 

 

 

しかしながら問題発生!!

 However, problem generating to me!

それは14日にお呈茶のお点前をして欲しいとリクエストがあり、

大概の事は引き受けてしまう私の性格上、

長板・薄茶平手前をすることとなりました。

 It will have a request of procedure for making tea to me from a UIA officer on the 14th,

I am on the character in which almost all things are taken over,

I will do that on the long board ,generally procedure for making thin tea.

実はお稽古以外で人前でお点前をするのは初体験です。

 In fact, as for me, it is first time to carry out  procedure for making tea in public at except training.

 「みどり会」(裏千家学園茶道専門学校の

別科外国人研修コースで学ぶ茶道留学生たち)の

参加者に笑われないようにしたいものです。

It is made not to smile on the participant in a "Midorikai" (tea ceremony foreign students who learn through the department foreigner training course of an exception of an Urasenke school tea ceremony vocational school).

いざという時のギャグは考えておきます。 

 I consider gag in case of emergency. 

  

Coverage of a magazine June 5 Friday

本日私の地元の協同組合に雑誌の取材がありました。

My local cooperative received coverage of the magazine today.

雑誌取材 006.jpg

 

この雑誌はプレジデントのFamilyというもので、

家族向けの雑誌です。

 This magazine is called a President's Family, It is a family-oriented magazine.

 

 

 

今回は父と子が京都観光に来て、色々なことを

体験できるコースの紹介記事の取材です。

 A father and a child come to the Kyoto sightseeing and it is coverage of the introduction report of the course which can experience various things this time.

雑誌取材 005.jpg

 

楽しい表情が撮れたようで、すぐOKが出ました。

 As the child's pleasant expression was able to be photographed, it was O.K. immediately.

 

 

 

 

今年の春は新型インフルエンザの影響で、

京都の観光産業は大打撃を受けました。

 It is the influence of a new type of influenza, and the tourist industry of Kyoto received the great blow in the spring of this year.

 

本日京都でも安全宣言が出され、いよいよ秋に向けて

落ち込んだ分を取り返す時期がやってきたように思います。

 A safety declaration is announced in Kyoto today and I think that the time to regain the part which fell towards autumn still more came on.

 

 

 

高台 The foot of the tea bowl June 4 Thursday

今日は抹茶碗の高台を削りました。

I deleted the heights of the tea bowl today.

高台 004.JPG

 

高台を見ればその作品の作者の力量が分かると

いわれています。

ですから、高台削りはとても神経を使います。

削る時のポイントはためらわずに思い切って、

削ることです。

 

 If the bottom of a tea bowl is seen, it is said that the ability of the author of the work is known.

Therefore, heights shaving uses a nerve very much.

The point when deleting is deleting decisively, without hesitating.

 

高台 006.JPG

 

まだ硬い感じがするので自分では不満です。

まだまだ色々な経験?が私には必要だと思います。

 Since this seems still steady, by itself, it is dissatisfied.

I think that still various experiences are required for me.

 

 

ところで本日は私の息子の17歳の誕生日です。

今日はあえて東京発のタルトを食べました。

(ちなみに三条木屋町のキルフェボンは静岡発です。

samiaさんに教えていただきました。)

By the way, today is my son's 17th birthday.

We dared to have eaten the tart of the Tokyo origin today.

(In addition, quil-fait-bon of Sanjo Kiya-machi is from Shizuoka.)

Ms. samia taught.   

 

物作りは自分で経験したことを消化して、

また組み立てて作品として表現します。

The craftsmanship person digests having experienced by oneself.

Moreover, it is assembled and it expresses as a work.

 

感性を磨くのには努力が必要ですね!!

We need efforts to polish sensitivity! !

今日は京焼・清水焼伝統工芸士会の総会でした。

It was a general meeting of Kyoto ・Kiyomizu ceramic ware Traditional-handicraftsman general  meeting today.

伝工士会総会 0018.jpg

 

場所は京都駅八条口近くのホテルセントノームでした。

見た目に京都らしい前菜でした。

 The place was hotel Centnovum near the Hachijyoh guchi of Kyoto station.

It was an appetizer in character with Kyoto.

 

 

 

伝工士会総会 016.JPG

明日は息子の誕生日なので新幹線八条口改札前の

タルトの店に行き、旬の商品の情報を仕入れました。

 Since it is the son's birthday tomorrow, I went to the shop of the tart before Hachijyohguchi of Shinkansen ticket gate, and got the information on the goods of a season .

 

 

この店はBerry cafeという店で、本店は東京青山にあります。

 This shop is the shop called Berry cafe, and a head office is located in Tokyo Aoyama.

 

京都木屋町三条にあるキルフェボンというタルトで有名な店も

銀座、青山、代官山にお店があります。

 A store famous for a tart called quil-fait-bon in the Kiya town sanjo in Kyoto also has a store in the Ginza, Aoyama, and Daikanyama.

道理で京都人には新鮮な感覚でタルトというものが受け入れられたと思いました。

Then, I thought that the people of Kyoto permitted a tart by fresh feeling.

 

話は変わりますが、今大好きな永ちゃんがTVに出るので、とりあえずTVを観ます。

 Although the talk changes, since my favorite  Ei-chan appears in TV now, I look at TV for the time being.

それにしても矢沢永吉は凄すぎる!!

今日は思いっきりパワーをいただきました。

 Even so, Eikichi Yazawa is too great! !

I received power thoroughly today.

 

伝統工芸士ということに誇りを持つことはいいのですが、

年齢を重ねても惰性で仕事をしてはいけませんね。

Although it is good to take pride in Traditional-handicraftsman,

May not we work from habit just because we pile up age?

 

Mr. Terao June 2 Tuesday

今日は寺尾陶象さんの個展へ京都大丸に行きました。

I went to Mr. Terao Tozoh's private exhibition to Kyoto Daimaru today.

寺尾さん 003.jpg

 

私より年は4歳上ですが、私の長男と寺尾さんの

息子さんが中学校時代同級生だったこともあり、

親しくさせていただいてます。

Although Mr. Terao is on 4 years old from me, since my eldest son and Mr. Terao's son was their junior high school days classmate, I am as intimate as he.

 

特に絵付け技術は見るべきものがあり、

独自の世界を持った作家さんです。

Especially the painting technology of pottery has an outstanding thing,

He is the ceramist with the original world.

 

寺尾さん 004.jpg

 

その後京都高島屋で開催中の「日本伝統工芸近畿展」を

見に行きました。

Then, I went to see "the Japanese traditional-handicrafts Kinki exhibition" was open in Kyoto Takashimaya.

 

 

偶然精華大学の佐藤先生に会いましたが、

こういうのは偶然のような必然なのでしょうね。

Although I met Mr. Sato of the Seika university by chance,

I think that it is not accidental and that this is necessary.

 

 

It kneads by hand. June 1 Monday

本日私は樂茶碗を手捏ねで作りました。

I kneaded Raku tea bowl by hand and made it today.

手捏ね 001.JPG

 

ロクロと違い手の温もりが伝わります。

Unlike a potter's wheel, people feel warmth of a hand.

 

 

 

 

 

手捏ね 002.JPG

 

じっくり室(むろ)で乾燥させ、

内外を削ります。

 A tea bowl  is thoroughly dried in moisture room and the inside and outside are deleted.

 

 

 

ロクロに比べ、制作時間はかかりますが、

千利休が長次郎にあえて手捏ねで茶碗を

作らせたことを理解して制作します。

Chojiro dared to knead by hand by Sen no Rikyu's advice, and the tea bowl was made.
I understand that and make tea bowls.

 

 

このアーカイブについて

このページには、2009年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年5月です。

次のアーカイブは2009年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。