2009年11月アーカイブ

Test of colors November 30 Monday

本日の東福寺です。

 

もみじまつりラスト 007.JPG

 

あと一週間ぐらいですね。

 

 

 

 

 

さていよいよ新色のテストです。

 

火入 015.JPG

 

まさしく初めの一歩です。

 

 

 

 

 

初めの一歩といえば、

今日「第一回もみじまつり」の写真が出てきました。

 

16年前の写真ですが、今からは想像できない様子です。

 

当時はチラシ、ポスター、看板等は全て手作りで、

若手陶芸家によるほのぼのとした祭りでした。

 

私が第8回と第10回~第16回の実行委員長をして、

あまりにも商業主義的に走り過ぎた感があります。

 

ここはもう一度原点に帰って、足元を見つめる必要が

あると思うのです。

The final day of a maple festival November 29 Sunday

11月29日の東福寺です。

 

もみじまつりラスト 001.JPG

 

今日がベストかもしれません。

 

 

 

 

 

さて10日間の「もみじまつり」も最終日となりました。

 

もみじまつりラスト 003.JPG

 

京都府南部のお茶の産地の

和束(わづか)町からの出店です。

 

 

 

 

これを契機に今後もコラボをする予定です。

 

今回は天候にも恵まれ、上々の結果となりました。

 

これもこのお祭りを支持してくださる多くの方、

御理解の上ご協力してくださる地域の方、

準備から後片付けまで頑張ってくれるスタッフの方々の

力の結晶だと感謝いたします。

 

今後も益々「もみじまつり」が発展継続することを

心から望みます。

 

皆さま有難うございました!!

Board of pottery November 28 Saturday

本日の東福寺です。

 

陶板焼 002.JPG

 

 

全体的に紅葉となってきました。

 

 

 

 

さて「もみじまつり」も後半戦に突入しました。

 

今日の目玉は「陶板焼」です。

地元の小学6年生が絵付けをした

陶板で鶏や野菜の炭火焼きをするイベントです。

 

陶板焼 006.JPG

 

美味しそうに食べる小学生達です。

 

 

 

 

 

陶板焼 004.JPG

 

今回も枝魯枝魯から助っ人が来ました。

 

五衛門さんです。

 

 

 

彼は入店6ヶ月の新人ですが、

手際よく仕事をしてくれました。

 

実家は伊勢鳥羽で、料理旅館を経営されてます。

 

鳥羽の将来は現在修行中の

五衛門さんにかかっているそうですよ!

New collar November 27 Friday

本日の東福寺の紅葉です。

 

ニューカラー 002.JPG

 

全体的に紅葉し始めました。

 

 

 

 

 

さて12月17日に組合の見本市があり、

新作を創らなければなりません。

 

新作といっても、デザインを変えるだけの

こて先の仕事では人は振り向いてくれません。

 

ズバリ新色の開発です。

 

ニューカラー 004.JPG

 

この量りの数字が動く瞬間からが

スタートです。

 

 

 

 

それにしてもこの赤い顔料は

派手な色です。

 

東福寺の紅葉のような京都らしい

落ち着いていて、なおかつ鮮やかな

赤色を開発しなければなりません。

Experiment November 26 Thursday

| コメント(2)

本日の東福寺の紅葉です。

 

09 11 26 002.JPG

 

全部紅くなるのかが心配です。

 

 

 

 

 

さて今日は窯詰の日でした。

 

09 11 26 004.JPG

 

これは京都産業技術センターの

竹浪さんがデザインした

カレー皿です。

 

 

 

誰にでも使いやすい

ユニバーサルデザインの食器です。

 

京焼での新たな試みとして

企画しました。

 

案の定周りは冷ややかですが、

私は相変わらずホットです。

 

09 11 26 005.JPG

 

こちらは例のダイヤモンドヘッドの岩石と

先日訪れた桜島の火山灰を使用した

釉薬の実験です。

 

 

 

今まで実験で自分が予想した結果が

得られたことは皆無に等しいです。

 

でもこの一歩を踏み出さないと

未来にはたどり着くことは出来ないのです。

 

私にとってはexperiment(実験)は

experience(経験)なのです。

Fresh spirit November 25 Wednesday

本日の東福寺です。

 

もみじまつり 050.JPG

 

いつもと撮影角度を変えました。

 

 

 

 

 

さて「もみじまつり」ということで、

工房にあるものを色々売り出してます。

 

そんな中で25年前の私が京都市工業試験場で

陶磁器の研修生時代に作った作品が出てきました。

 

もみじまつり 054.JPG

 

作った時の思い出が走馬灯のように

蘇ります。

 

 

 

 

スーパーマーケットでサザエを買い

中身をつぼ焼きにして研修生仲間に御馳走し、

貝殻を模写してデザインのベースにしました。

 

あの時の仲間だったAさんとDちゃんは

もうすでに他界しました。

 

この作品を見てもう一度初心に帰り、

陶芸作品を創れることに感謝して、

AさんとDちゃんの分まで頑張ろうと

実感しました!!

 

Massage of legs November 24 Tuesday

本日の東福寺です。

 

CIMG3053.JPG

 

もみじまつりの前半が終わり、

かなり足にきています。

 

 

 

 

副実行委員長の松本さんは

膝を痛め、歩くのも痛々しい状況です。

 

そんな中私は例の京都青年団体会議に

今晩出席しました。

 

CIMG3054.JPG

 

場所は恒例のスーパー銭湯

やまとの湯のいこいの部屋です。

 

 

 

 

私は必ず会議の前に湯に浸かります。

 

CIMG3055.JPG

そして今日はその後足つぼマッサージです。

 

 

 

 

 

 

担当してくれた女性は、この仕事を本職としています。

 

そして演劇もやっている前向きで明るい方でした。

 

今度ぜひ彼女の舞台を観に行こうと思っています。

 

Maple festival 3 November 23 Monday

本日の東福寺の紅葉です。

 

CIMG3038.JPG

 

昨晩の雨で洗われ、美しくなってます。

 

 

 

 

 

さて「もみじまつり」も今日が3日目。

恒例の「振る舞い餅」がありました。

 

CIMG3040.JPG

 

子供達も楽しく参加します。

 

 

 

 

 

CIMG3041.JPG

 

予想以上に杵を搗くのは難しいです。

 

こんな事を経験して、昔の子供は大人の凄さを

実感していたのでしょう。

 

 

ところで、この振る舞い餅は私が初めて

もみじまつりの責任者になった8年前に

私が企画したものです。

 

当時はほとんどの人に「しんどい」と反対されましたが、

それでも担当の加藤孝誠さんを信じて実行に踏み切りました。

 

利き酒、ワインコーナー、たこ焼き、など「もみじまつり」で

私が企画したものですが、今ではこのイベントには

なくてはならない風物詩となってます。

 

次の土曜日には日本一長い陶板焼きが行われます。

これも私が企画したものです。

(もちろん企画を実行するためには、多くのスタッフの力が必要です。)

 

蕎麦猪口付き蕎麦うち体験など、駄目になった企画も

多々ありますが、自分を信じて今後も色々な企画を

打ち立てて、実行していきます。

Maple festival 2 November 22 Sunday

| コメント(2)

11月22日の東福寺です。

CIMG3029.JPG

 

予報では午後から雨。

 

 

 

 

 

CIMG3031.JPG

 

小雨の中多くの人が来られました。

 

 

 

 

 

CIMG3015.JPG

 

ホットワインで体を温めます。

 

 

 

 

 

夜は泉涌寺陶磁器青年会主催の

懇親会がありました。

 

CIMG3034.JPG

 

青年会長の重松さん自ら

蕎麦を打ちます。

 

 

 

 

CIMG3036.JPG

 

京都のツバメソースです。

このビフテキソースがまろやかで

串カツにはバッチリです。

 

 

 

23日は好天に恵まれそうです。

アグレッシブにいきます。

 

Maple festival November 21 Saturday

本日の東福寺の紅葉です。

 

CIMG3007.JPG

 

朝日に照らされた紅葉です。

 

 

 

 

 

さあいよいよ「もみじまつり」が始まりました。

 

  CIMG3008.JPG

保育園児の神輿でスタートです。

 

 

 

 

 

 

CIMG3012.JPG

 

白いブースも建ちました。

 

 

 

 

 

CIMG3016.JPG

 

先日泉涌寺で使われた灯籠も並んでます。

 

 

 

 

 

CIMG3013.JPG

 

恒例利き酒コーナーです。

 

今年は青年会主導によってパワーアップしてます。

 

 

 

CIMG3018.JPG

 

こちらも人気のロクロ体験です。

 

 

 

 

 

まだまだ盛りだくさんなのでまた明日報告します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日の東福寺の紅葉です。

 

CIMG3004.JPG

 

まだまだ青いです。

 

 

 

 

 

さて昨日(19日)に京都伝統産業青年会の

展示会に行ってきました。

 

CIMG2993.JPG

仏具の米澤さんの作品です。

 

素晴らしいの一言です。

 

 

 

 

CIMG2995.JPG場所は京都醍醐の大本山 隨心院 ( 京都市山科区小野 御霊町35

電話  075-571-0025

http:// www.zuishinin.or.jp /

 

 

 

 

 テーマはズバリ『まつり』です。

 

19日~23日までの会期ですが、

明日からは物販の「座都市(ざとういち)」が

スタートします。

 

この当て字の座都市は3年前に私が提案したもので、

毎年使われるたびに嬉しく思います。

 

さあ明日から私の地元の東福寺~泉涌寺地区の

窯元による「もみじまつり」がスタートします。

 

明後日の天気が心配です。

Tea 2 November 19 Thursday

本日の東福寺の紅葉です。

 

09 11 19 001.JPG

 

 

今週末が楽しみです。

 

 

 

 

09 11 19 002.JPG

 

何故か桜も咲いています。

 

完全に異常気象!!

ちょっと心配ですね。

 

 

さて昨日の続きですが、

日本の茶葉で作った紅茶の話です。

 

09 11 18 002.JPG

 

東福寺北駐車場で期間限定出店されている

椿堂さんです。

 

 

 

 

いつもは美味しいほうじ茶などを

我が家族は購入しています。

 

09 11 19 011.JPG

 

今回は京都府産の茶葉で作った

紅茶を購入しました。

 

 

 

 

香り味も良くさすが国産です。

 

おなじ茶葉でも製法が違うだけで

これほどまでに味が変わるのかと

感心しました。

 

詳しいことはhttp://www.tsubakido.com

まで。

 

そういえば陶芸も同じ土、釉薬でも

焼成方法が変われば、まったく別物になる

ものです。

 

問題はいかにして人に感動と喜びを

与えるかが重要なのです。

Tea November 18 Wednesday

本日の東福寺の紅葉です。

 

09 11 18 001.JPG

 

まだまだ緑の部分が多いです。

 

 

 

 

 

11月18日 013.jpg

 

ちなみにこれが昨年の11月18日の

様子です。

 

地球温暖化の影響は我々の想像以上に

進んでいます。

 

さて今日、美味しい日本製の紅茶を

いただきました。

 

詳しいことはまた明日!!

 

文章が書けないのは青年団体会議でパワーを少し使ったからです。

それでも前向き(ある意味無謀)な発言をしてしまい、

自分にプレッシャーをかけてます。

 

2月20日は凄いことをしますよ!!

Flag November 17 Tuesday

本日の東福寺の紅葉です。

 

09 11 17 006.jpg

 

今日も雨。

 

なかなかいい感じですよ!!

 

 

 

さていよいよ恒例「もみじまつり」も

今週土曜日と迫ってきました。

 

09 11 17 005.JPG

 

幟や看板など準備も最後の大詰めです。

 

 

 

 

 

準備作業終了後、侃侃諤諤の

大討論会が行われました。

 

何れにしろ議論することはいいことで、

私も久々に熱が入りました。

 

明日は京都青年団体会議の実行委員会です。

 

若人と激論を交わすのが今から楽しみです。

Blue porcelain November 16 Monday

| コメント(2)

本日の東福寺の紅葉です。

 

09 11 16 004.JPG

 

12月上旬まで見頃だと思います。

 

 

 

 

 

09 11 16 005.JPG  

 

今日は何やら本格的な撮影をしていました。

 

結構ここからの景色はメジャーです。

 

 

 

さてギロギロからの要望で、

ダイヤモンドヘッドの岩石から作った釉薬を使用した器を

ハワイの店で毎日使いたいということです。

 

しかしながら樂では割れやすいので

少し悩んでいました。

 

09 11 16 006.JPG

 

というわけで、ダイヤモンドヘッドの岩石を

微量に使用して、樂とは違う別の釉薬を

作ってみます。

 

 

 

さてどんな釉薬ができるか?

 

予定ではBlue porcelainですが......。

Translation November 15 Sunday

本日の東福寺の紅葉です。

 

09 11 15 002.JPG

 

いよいよ見頃となってきました。

 

 

 

 

 

09 11 15 010.JPG

 

午前8時の臥雲橋(うんきょう)の様子です。

 

来週はここが多くの人で通れなくなります。

 

 

 

さて今日は日曜日ということで、

お歳暮の注文をし、TVでゴルフ観戦をしたりと

リラックスムードでしたが、今日しておかなければならないことが

私の脳裏をかすめました。

 

09 11 15 011.JPG

 

というのは、裏千家インターナショナル

アソシエーション(UIA)の会員が、

手分けをしてこの本の翻訳をするということです。

 

 

 

私の担当分は1ページにも満たないのですが、

文章の中に切腹、わび、等日本独自の言葉が出てきます。

 

しかしながら、日本のお茶に関心のある外国の人たちは

このような日本語をよくご存知なのが実状です。

 

ただまったく関心のない初心者の方にも理解していただく

必要があり、そのあたりは手抜きは禁物でしょう。

 

ランディー チャネル 宗榮 ....Randy Channell ...さんに

聞きたいところですが、

ここは自力で頑張ります。

Yesterday's continuation November 14 Saturday

本日の東福寺の紅葉です。

 

09 11 14 003.JPG

 

雨に洗われて紅葉が美しくなりました。

 

そろそろ観光客も増えてきてます。

 

 

 

さて今週は私の地元の月輪(つきのわ)中学校の

2年生達が社会研修を行いました。

 

09 11 14 001.JPG

 

青窯会協同組合にも男子が2人

仕事を体験しにきました。

 

陶芸教室で焼きあがったお皿の仕分け作業です。

 

 

このお皿はTVでよく話題になる

「私のしごと館」で修学旅行生が絵を描いたものです。

 

しかしながら「私のしごと館」も税金のムダ使いということで、

来年3月で廃止となるそうです。

 

これからは知恵をしぼって新しい事業を創り出さないと

いけない時代となりました。

 

来週の「もみじまつり」も我々の地域にとっては

大きな事業の一つです。

 

子供たちに夢や希望を与えるようなイベントにしたいです。

 

ちなみに私の次女は今回の研修で商店街の

クリーニング屋さんへ行ってました。

親が思っている以上に子供はしっかりしていきますね。

Social training November 13 Friday

| コメント(2)

本日の東福寺の紅葉です。

 

09 11 13 002.JPG

 

今年はグリーンとオレンジの

コントラストが美しいです。

Start November 12 Thursday

本日11月12日東福寺の紅葉です。

 

0911月12日 005.JPG

 

去年よりは綺麗かも?

 

 

 

 

 

 

0811月12日001.jpg 

これが去年の11月12日の紅葉です。

 

微妙に違います。

 

 

 

来週末のもみじまつりの頃が

ベストになるでしょう。

 

毎朝早起きして報告します。

 

Preparation November 11 Wednesday

本日は私の地元の組合

京焼・清水焼 〜京都協同組合〜 東山・泉涌寺

東福寺北駐車場での出店の設営に行ってきました。

準備 006.JPG

 

小雨の中でしたが、

例年のことなのでスムーズに

設営は終了しました。

 

 

 

しかしながらこの例年のことというのが

落とし穴で、一歩間違えるとマンネリと

いうことになってしまいます。

 

現実に京都の陶器市と名のつくものは、

毎年売上が落ちています。

 

まさしく売り手が消費者の変化に

対応しそこなっているのです。

 

物がない時代なら、テントで安い物を

積み上げて、ドシドシ売っていけばよかった

のですが、今はまったく世の中の環境が

変わってしまいました。

 

白いブース.JPG

 

昨年もみじまつりで提案したブースです。

 

コンセプトは「21世紀の露店」でした。

 

 

 

今年も「もみじまつり」11月21日~29日は

粋でお洒落なイベントにする予定です。

The tea ceremony which opens a jar November 10 Tuesday

今日は茶道のお稽古日です。

 

茶壺.JPG本日使用する茶壺です。

 

今月はお茶の世界では

炉を開いて、新茶を飲む 

いわば正月のようなものです。

 

 

今は一年中美味しいお茶がいつでも

手に入りますが、昔は5月にとれた新茶を

このような茶壺に入れ、毎回石臼で茶人が

挽いていました。

 

今は便利な世の中になりすぎて、

かえって人間にとっては大切なものを

見失ってしまうのかもしれませんね。

 

実はこの茶壺を持つ時は、手の温かさが

中に伝わらないように、指先で持ちます。

 

このように繊細な心配りが茶道には

随所に存在します。

 

そこには今月の一言:和敬清寂(わけいせいじゃく) | おてらいふ WWW ...

とうという基本理念があります。

 

茶壺を触れるがごとく、人々に接しなければなりませんね!!

Sakurajima November 9 Monday

昨日は午後から九州の茶道具屋さんの

木場氏の案内で桜島に行ってきました。

 

CIMG2913.JPG

 

桜島フェリーに乗ります。

 

 

 

 

 

CIMG2914.JPG

 

だんだんと桜島が近づいてきます。

約10km船に乗ります。

 

 

 

 

CIMG2920.JPG

 

本当に行ってきた証拠写真です。

例のごとく火山灰を採取し、実験します。

(実際にここの火山灰を使って焼物を作って

いる方はいらっしゃいますので、実験がうまくいけば

仕入れることは可能でしょう。)

 

 

CIMG2921.JPG

突然の噴火です。

 

昨日ご紹介した島津斉彬公、西郷隆盛、

大久保利通等、この桜島のマグマパワーが、

多少なりとも維新への原動力になったかもしれないと、

勝手に思ってしまいます。

 

Kagoshima 2 November 8 Sunday

枝魯枝魯11月コースのデザートです。

11月デザート.JPG

 

黒糖ブリュレ、柿のプリン人参ソース、

ホウレン草の蒸しケーキ、

酒粕のアイスかりんとう入りです。

 

 

 

さて本日鹿児島二日目は

島津斉彬(しまづなりあきら)公の

生誕200年を記念する献茶式が、

照國神社で行われました。

 

島津斉彬 - Wikipedia公は幕末に活躍された

薩摩藩主ですが、

ペリーが日本に来た時に、

日本が一丸となって強く豊かな国を

目指すべきだと主張され、その実現に向けて

真っ先に行動をおこされた方でした。

 

CIMG2902.JPG

 

日の丸はこの島津斉彬公が

提案されたものです。

つまり日の丸の歴史は

約150年ということになります。

 

 

いつの時代でも先の見える凄い人が

いるのですねえ!!

 

CIMG2897.JPG

 

献茶式の様子です。

この方は凄すぎます。

言葉では表現できないオーラがあります。

 

 

 

私のブログに掲載しすぎかもしれませんが、

ついつい尊敬するあまり...。

 

CIMG2911.JPG

 

鹿児島支部と青年部のお茶会が

行われ、薄茶席では私の作品(水次)が

使用されました。

 

 

 

 

 

午後フェリーに乗って、桜島へ行きました。

また明日報告します。

 

Kagoshima November 7 Saturday

本日は茶道裏千家の用事で

鹿児島に来ています。

CIMG2880.JPG

 

沖縄、奄美、鹿児島

第11回和合の茶会です。

 

 

 

 

過去に苦い歴史のある3地区が

1碗のお茶をもって交流を深め、

新しい時代を築いていこうという

催しです。

 

CIMG2855.JPG

 

第1部の講演会です。

講師は鹿児島大学の

渡辺芳郎先生による

「薩摩焼の考古学」でした。

 

 

CIMG2871.JPG

 

特にこの写真が注目でした。

茶入の内側ですが、底にできるはずの

轆轤による切糸の渦が入っています。

 

 

 

CIMG2873.JPG

 

先生はこのように轆轤と

ひもづくりを組み合わせたものではないかという

推測でした。

 

 

 

今夕の懇親会場で先生に直接私の意見を述べましたが、

いずれにしろ古いものを見て、いろいろ考察することの

大切さを教えていただいた1日でした。

 

明日は献茶式とお茶会です。

お楽しみに!!

UNIQLO November 6 Friday

枝魯枝魯11月コースの御飯物です。

ギロギロ11月 008.JPG

 

金目鯛の塩焼き&煮こごり丼です。

途中で鯛の御出しを入れます。

 

 

 

 

さて今私が読んでいる本です。

 

ユニクロ 001.JPG

 

ユニクロの柳井正さんが以前に

書かれたものです。

 

 

 

 

内容は柳井氏が家業の紳士洋服店を継ぎ、

カジュアルウエアのトップ企業へと自社を育て上げる

までの数え切れぬ失敗?の歴史を綴っています。

 

私はこの10年自分の作品の付加価値を上げるための

努力を惜しみませんでした。

 

そしてこれからはそれにプラスして、

より多くの人に自分の作品を知ってもらうように努めます。

 

ユニクロのようにコストパフォーマンスにこだわり、

作品と共に時代をも創っていかなければ...

と思います。

 

来年のハワイ店がまずその一歩目です。

Hideki Matsui November 5 Thursday

枝魯枝魯11月コースの口直しです。

ギロギロ11月 006.JPG

 

梨、小蕪なます、

勢子蟹親子醤・油柚子胡椒風味です。

 

 

 

 

さて本日各メディアは松井秀喜選手一色でした。

 

隠れ松井の私もさすがに今日はTVにくぎ付けと

なりました。

 

WBCの時のイチロー選手達もそうですが、

世界の舞台で日本人が活躍している姿を見ると、

自分のことのように嬉しくなり、誇らしげにもなります。

 

来年、枝魯枝魯の松本さん、チェルシーさんと私が

ハワイで勝負を挑みます。

 

これも枝國さんがパリでの成功という

海外出店の道を開いてくれたおかげです。

 

そういえば10数年前私は隠れ野茂でした!!

Potter's wheel November 4 Wednesday

枝魯枝魯11月コースのくずしです。

ギロギロ11月 005.JPG

 

中華パン、炙り鴨ロース、雲子カツ、

九条葱ソース、二色パプリカ甘酢です。

 

枝魯枝魯らしい品ですね。

 

 

さて本日は二人展の疲れで午前中は

ボーとしていました。

 

体を休めたい気持ちと、

何か頑張りたいきっかけが欲しい気持ちが

交錯して時間だけが過ぎていく...。

 

でもロクロに座って土を触ると、

また沸々とファイティングスプリットが湧き出てきました。

 

自称、轆轤(ロックンロ)-ラーNANZANです。

オヤジギャグでスンマセン。

Opening the sunken hearth November 3 Tuesday

枝魯枝魯11月コースの椀です。

ギロギロ11月 003.JPG   

鰤(ぶり)包み焼きです。

中には春菊、銀杏が入っています。

表面のへしこの香りがたまりません。

 

 

 

 

さて今日で二人展も無事終了し

ほっとしたいところですが、

大塚宗香先生の炉開きに行きました。

 

開炉 001.JPG

 

お濃茶をいただき、

薄茶の平点前をしましたが、

集中力散漫でボロボロでした。

 

 

 

大塚先生から、

「伊藤さん疲れたはるし、はよ帰らしてあげて。」

と温かい言葉をいただき、

さっさと帰宅しました。

 

今週末は鹿児島出張、

そして21日からは「もみじまつり」と

ハードな日々が待ってます。

 

某大臣じゃないですが、

「直球勝負」で頑張ります。

Board of pottery November 2 Monday

枝魯枝魯11月コースの前菜です。

 

ギロギロ11月 002.JPG  

するめ烏賊、海老芋、いりじゃこ、

鴨ミンチ、大根浅炊き、

牡蠣、木の芽、落花生酢味噌です。

 

 

 

さて本日は地元の月輪小学校の

6年生の児童が、21日からの

もみじまつりのイベントに向け、

陶板に絵を描いてくれました。

陶板 002.JPG   

耐火度のある荒い陶土の素焼きに

呉須絵具を使用しました。

 

 

 

 

これに約1,100度で融ける透明の釉薬を

薄くかけ、焼成します。

 

出来あがった陶板を並べて、その上で

京地鶏、京野菜を炭火で焼いて食べる

イベントです。

 

日時は11月28日土曜日12時~。

 

場所は東福寺~泉涌寺の窯元もみじまつり会場。

 

ちなみに枝魯枝魯の特製ソースで食べます。

English conversation November 1 Sunday

枝魯枝魯の11月コースの

先付です。

 

ギロギロ11月 001.JPG  

アンコウの天ぷら、アン肝、

シメジ舞茸のすり流し、

赤蕪の千枚の剣です。

 

 

 

さて本日、現在開催中の二人展に

裏千家の外国人留学生(みどり会)の

学生さんが来られました。

 

ギロギロ11月 011.JPG  

左の塩中さんは英語が完璧で

素晴らしいです。

 

 

 

 

私も何とか...?

 

7月のハワイ店オープンに向け、

思います。

 

英会話を勉強しません。

英語を話す場面を増やします!!

 

Gratitude October 31 Saturday

皆さま本日で丁度私のブログが

開設して、1年が経ちました。

 

これも皆様の厚いご声援の賜物だと

感謝いたします。

 

今後とも伊藤南山のブログを

よろしくお願い致します。

 

 

このアーカイブについて

このページには、2009年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年10月です。

次のアーカイブは2009年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。