ボーンチャイナを轆轤で June 5 Saturday        

The clay of the bone china does not fit a potter's wheel.

ボーンチャイナの粘土はろくろには適していません。

 

That is because clay runs short of stickiness.

それは粘土に粘りが不足しているからです。

 

But I have a reason for using a bone china.

でも私には使う理由があります。

 

It is whiteness.

ズバリ白さです。

 

ハワイ小付 005.JPG

 

 

 

 

 

 

 

The left is clay of the porcelain used in Kyoto until now.
The right is the bone china.

左が現在京都で使われている磁器陶土、

右がボーンチャイナです。

 

These have applied the same glaze.

同じ釉薬でもこれだけ色が違います。(土の白さで釉薬の発色が変わります。)

 

However, it is difficult to make the thing of the same size from

the potter's wheel using the bone china.

 

しかしながら轆轤を使ってボーンチャイナで同じサイズのものを

作るのは難しいです。

 

But the good thing happened to me.

でもラッキーです。

 

ハワイ小付 017.JPG

 

 

 

 

 

 

 

Since it is the clay which I bought before half a year, mold etc. is parasitic on it.

半年前に購入したボーンチャイナの粘土なのでカビなどが寄生しています。

 

Existence of this microbe is good.

この微生物の存在が良いのです。

 

This gives stickiness to clay.

粘土に粘りを与えてくれます。

 

Now, I made the small bowl using the potter's wheel.

さあ、轆轤で小付の製作です。

 

ハワイ小付 007.JPG

 

 

 

 

 

 

 

I change this after 1 hour.

轆轤の1時間後変形させます。

 

ハワイ小付 008.JPG

 

 

 

 

 

 

 

ハワイ小付 009.JPG

 

 

 

 

 

 

 

ハワイ小付 010.JPG

 

 

 

 

 

 

 

ハワイ小付 011.JPG

 

 

 

 

 

 

 

ハワイ小付 014.JPG

 

 

 

 

 

 

 

This is the point.

Clay has a habit which returns to the original form in the middle of dryness.

ここがポイントです。

粘土は乾燥途中で元の形に戻る習性があります。

ハワイ小付 013.JPG

 

 

 

 

 

 

 

I expect returning to this form.

この形に戻ることを予想しているのです。

 

ブログランキング参加中。

                  クリックで応援宜しくお願いします。⇒ にほんブログ村 美術ブログ 陶芸へ

 

It is 158days to opening of the restaurant in Hawaii.

ハワイ店オープンまであと158日。

(This number is my individual anticipation and may be changed.) 

(この日数はあくまで個人的予想で、変更の可能性があります。)

 

このブログ記事について

このページは、toukaenが2010年6月 5日 21:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「亀の器が完成  June 4 Friday」です。

次のブログ記事は「携帯用茶器の応用  June 6 Sunday  」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。